--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月18日(木)にオリックス劇場にて開催された「NMB48 リクエストアワー セットリスト・ベスト30」において、4期生・西村愛華さん、2期研究生・古賀成美さんのチームNへの昇格、そして、山田菜々さんのチームNからチームMへの移籍が発表されました。


枠に空きが出ているチームへの昇格がどのメンバーになるかについては非常に関心を持っていましたが、4期生のあいかちゃん(西村愛華)のチームNへの早期の昇格は、いずれどこかのチームへの昇格はあるだろうと思っていましたが、このように早く実現するとは予想だにしていませんでしたので驚きました。


早期昇格の“エリート”のあいかちゃん、研究生生活が長い“苦労人”のなるちゃん(古賀成美)。

この2人を同時に昇格させたというのは、バランス的に良かったのではないかなと思いました。


研究生公演を観ていて、華を感じるあいかちゃん。

なるちゃんは、2期生の中で当初のチームMメンバーには選ばれず、その後も昇格は叶いませんでした。しかし研究生公演ではセンターに抜擢されたりと頭角を現してきていました。

この2人が昇格メンバーに選ばれたことは、個人的には非常に順当であると思いますし、心から祝福したい気持ちでいっぱいです。



さて、ななたん(山田菜々)のチームMへの移籍ですが、NMB48において、チームM、BⅡの人気の底上げということは喫水の課題でした。

ななたんのチームMへの移籍については、NMB48全体をより活性化させるに当たり、その礎となるメンバーとして最高の存在であったのだと思います。

また、そのことを受け入れたななたんの見識の高さ、度量の広さに敬服の念を感じています。

移籍について記したななたんのブログを読んでいて感動の思いが込み上げてきました。

チームMが、ななたんの移籍によりどのように変わっていくのか、今後非常に楽しみです。


スポンサーサイト
2013.04.10.00:20
NMB48 室加奈子さんが、新番組「NMBとまなぶくん」のロケを行ったとのことですね。
http://ameblo.jp/nmb48/entry-11508381620.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
室加奈子 初☆ロケ!

こんばロローン

むろかなこと室加奈子です


今日はNMBとまなぶくんの
ロケに行ってきました!!

人生初ロケ\(^o^)/

春奈さんとしまれなさんと
3人で行ってきました!

想像よりもキツイロケでした(笑)

でも、中々出来ない経験が出来て
ほんまによかったし、

勉強になったし行けてよかったです!

放送日が分かったから
また言いますねっ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


終わってしまいましたが、「どっキング48」は、スタジオ出演もチャレンジ48のロケも、原則として最新シングルの表題曲選抜メンバーだけが出演していました。

むろかな(室加奈子)がロケに参加したということは、3期、4期、2期研究生を応援している僕にとっては非常にいい傾向だと感じました。

表題曲選抜メンバーだけが出演する番組ではないということが分かり、大変嬉しく思っています。


2013.04.06.20:24
NMB48 チームBⅡの薮下柊さんが選抜総選挙への立候補を表明しました。

http://ameblo.jp/nmb48/entry-11506194109.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
薮下 柊♪ ~総選挙~


遅くなってごめんなさいっ

柊は、
総選挙もちろん立候補します!

応援してくださる皆さんの期待に応えれるか本当に不安やったんですけどっ

チームのためにも
自分のためにも
皆さんのためにも
柊は、立候補します!!

圏外かもしれないけど、
自分にも可能性はあるんでっ

頑張りますっ

まだ、アンケート書けてないよ~(笑)

柊って、マイペースなんですよね(笑)

まだ、間に合うと思ってたらいつのまにか期限が明日やった(笑)

やばいやばい(笑)

皆さんに頼っちゃうかもしれませんが、こんな柊をよろしくですっ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


チームBⅡの中で立候補していないメンバーは、柊ちゃん(薮下柊)だけになっていました。

柊ちゃんは、これまで、ブログやGoogle+で立候補表明をしておらず、まさか立候補しないということはないとは思っていましたが、どうしたことかと心配していました。

立候補をするという表明があり、一安心です。


NMB48 3期、4期、2期研究生の中で、64位以内にランクインすることができるのは、現実問題として、柊ちゃん以外には難しいかもしれません。

何が起きるかはわからないので、もちろん、他のメンバーにも頑張ってほしいのですが、チームBⅡから64位以内に入るメンバーが出るかどうかは、柊ちゃんの双肩にかかっていると言えるでしょう。

個別握手会の部数や売れ行きが完売かどうかなどの人気指標から、柊ちゃんは64位以内のほぼボーダーラインのあたりにいると思われます。

速報で名前が挙がれば、注目を集めて有利になるでしょうね。

なんとかランクインしてほしいと切に思います。


2013.04.01.00:12
NMB48 井尻晏菜さんが、NMB48の中で最も初めに選抜総選挙の立候補をしました。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/03/31/kiji/K20130331005517830.html
https://plus.google.com/107410599171378978168/posts/8cYCauEktb6

立候補の権利があるすべてのメンバーの中では、第1号はSKE48の松村香織さんでしたが、あんたん(井尻晏菜)は全員の中でも2番目でした。

選抜総選挙の公式サイトに、あんたんの名前が上がった瞬間、胸が熱くなり感動しました。

選抜総選挙公式サイト
http://www.akb48.co.jp/sousenkyo/32ndsingle/index.php

その決意をしっかりと受け止めたいと思います。


3月31日、2期・3期研究生、4期生は全員立候補しました。

ほかに、山内つばささん、谷川愛梨さん、村上文香さん、矢倉楓子さん、與儀ケイラさんが立候補をしました。


あんたん、ちゅば(山内つばさ)以外のチームBⅡのメンバーはまだですが、立候補を楽しみに待っていたいと思います。


2013.03.31.01:20
NMB48 チームBⅡキャプテン上枝恵美加さん、そして同じくチームBⅡの植田碧麗さんの立候補表明がありましたね。

上枝恵美加
http://ameblo.jp/nmb48/entry-11501541496.html

植田碧麗
http://ameblo.jp/nmb48/entry-11501539622.html


昨日、えみち(上枝恵美加)はブログの中でほのめかせていましたので、今回の決意表明を今か今かと待っていました。

立候補表明の文章も本当に素晴らしく、応援しようという意欲がより一層かき立てられました。


3期、4期、2期研究生以外では、三田麻央さんの立候補表明がありました。


2013.03.30.01:44
NMB48 チームBⅡキャプテン・上枝恵美加さんがブログにて総選挙について言及しましたね。

「総選挙について……
は、また明日別の更新で
書かせてもらいます。」

おそらく立候補表明があるかと思いますが、どのような表明になるのか楽しみです。


昨日今日にかけては、3期、4期、2期研究生の立候補表明はありませんでしたが、NMB48全体では、

矢倉楓子さん、與儀ケイラさん、東由樹さんの表明がありました。


またHKT48では、初めて、宮脇咲良さんの立候補表明がありました。


2013.03.29.01:10
NMB48 山内つばささん、高山梨子さんの立候補表明がありましたね。

3期生は、井尻晏菜さんに続いて、これで3名となりました。

やはり、決意表明があると嬉しいですね。


NMB48全体としては、

門脇佳奈子、近藤里奈、木下春奈、島田玲奈、谷川愛梨のみなさんに立候補表明がありました。


BⅡエースの薮下柊さん、キャプテンの上枝恵美加さんには動きはありませんでしたね。

しかし近日中には何らかの表明があることと確信しています。

2013.03.28.02:21
NMB48 チームBⅡ 井尻晏菜さんが、ブログにて総選挙への立候補を表明しました。

http://ameblo.jp/nmb48/entry-11499472515.html


優先的に動向をチェックしている3、4期生、2期研究生の中では、今のところ唯一の立候補表明です。


それにしても意外でした。

もっと多くのメンバーが、我先にと立候補表明をするものと思っていましたが、模様眺めなのでしょうか、今のところ予想以上に少ない感じです。

チームBⅡキャプテンのえみち(上枝恵美加)が、自分自身やチームに関しての何らかの言葉を発信するかと待っていましたが、えみちは体調が思わしくないようで、えみちにしては珍しく、2日連続ブログ更新はありませんでした。


NMB48全体でも、現在のところ立候補の表明をしているのは、

山本彩、渡辺美優紀、山田菜々、小笠原茉由、上西恵、白間美瑠、小谷里歩、井尻晏菜

の8名だけです。

あんたん(井尻晏菜)を除いて、すべてチームNのメンバーです。


他のメンバー、特にチームMやBⅡのメンバーの立候補表明もこれから続々とあるのでしょうか?

それとも、意外なほど立候補自体をするメンバーが少ないということもあり得るのでしょうか?

それはわかりませんが、メンバーの今後の動向が気になります。


AKB48 32ndシングル 選抜総選挙の開催決定の案内がありました。

http://ameblo.jp/akihabara48/entry-11498787416.html


昨年と変わった点といえば、通常版だけでなく劇場版CDにも投票権がついた。立候補制になり4年以上在籍したことのある卒業したメンバーも立候補できる。個別握手会が3日から4日に増えたことなどでしょうか。

劇場版にも投票権がついたということで、個別握手会の完売のメンバーが増えそうです。

完売した上位人気メンバーのファンが、完売していないメンバーの枠の分も購入するでしょうね。



さて、NMB48 3期生、4期生、2期研究生に関してです。

3、4期、2期研究生から1人でも多く64位以内に入ってほしいとは思います。

しかし現実問題としては、64位以内に柊ちゃん(薮下柊)が入ることができるかというところが焦点ですね。


どうなることでしょうか。

なんとか柊ちゃん(薮下柊)には、チームBⅡのエースとして、BⅡ代表という立場からも入ってほしいと切に思います。

うーか(加藤夕夏)を始めとして、他のメンバーの健闘も期待しています。

NMB48劇場チケットセンター公演情報によりますと、4期生 大段舞依さん、森田彩花さんが、3月31日(日)のチームM『アイドルの夜明け』公演に出演予定とのことですね。


4期生では、西村愛華さん、渋谷凪咲さん、嶋崎百萌香さんがチームBⅡ「会いたかった」公演に既に出演している、またはその予定です。

チームM公演、BⅡ公演のどちらに出演するのかというのは、現在のところ、年齢で決めているのかなということが推察されます。

大段舞依:高3
森田彩花:高2

渋谷凪咲:高1
西村愛華:中3
嶋崎百萌香:小6


チームM公演にも4期生が出演するということであれば、チームN公演への出演もあるのでしょうか?

近い将来あるのではないかと考えられますし、そのメンバーは、これまでBⅡ、M公演の出演メンバーとして名が出たメンバー以外というわけではなく、これまでの経緯から、おそらくは西村愛華さん、渋谷凪咲さんが優先的に出演するものと思われます。


なお、3月31日(日)の『アイドルの夜明け』公演は、1期から4期のすべての期のメンバーが揃いました。

1期生:沖田彩華、川上礼奈、木下百花、小柳有沙、山岸奈津美
2期生:東由樹、高野祐衣、三田麻央、村上文香、村瀬紗英、山本ひとみ、中川紘美
3期生:高山梨子、三浦亜莉沙
4期生:大段舞依、森田彩花

NMB48 チームBⅡが、3月24日(日)「会いたかった」公演において、『アーモンドクロワッサン計画』を初めて披露しました。


『アーモンドクロワッサン計画』は、チームBⅡ初めてのオリジナル曲として、1stアルバム「てっぺんとったんで!」に収録されている曲です。

本当は3月23日(土)の公演にて初披露する予定だったのでしょうが、うーか(加藤夕夏)の急な体調不良による休演のため、一日延期されたと思われます。


この『アーモンドクロワッサン計画』は、明るく、キャッチーな曲調であり、チームBⅡのキュートでフレッシュな魅力を存分に引き出している大好きな曲です。

NMB48 リクエストアワーにも、この曲を投票したいと考えています。


歌唱位置のポジション順は、

薮下柊、加藤夕夏、久代梨奈、赤澤萌乃、室加奈子、山内つばさ、上枝恵美加、黒川葉月、
小林莉加子、石塚朱莉、太田夢莉、植田碧麗、日下このみ、河野早紀、梅原真子、井尻晏菜

でした。

NMB48劇場チケットセンター公演情報によりますと、3月29日(金)、4期生 嶋崎百萌香さんが、チームBⅡ『会いたかった』に出演予定とのことですね。

4期生が、チームBⅡ『会いたかった』公演に出演するのは、3月8日の西村愛華さん、3月19日の渋谷凪咲さん以来3人目です。

3月29日(金)は、西村愛華さんも出演します。


NMB48最年少 小学6年生(4月から中学1年生)のももりん(嶋崎百萌香)。

チームBⅡ ちゅば(山内つばさ)と同学年です。


3人目は、ももりんでしたね。

このような感じで、これからも順次4期生が出演していくのでしょうか。


チームNやチームMの公演にも、4期生の出演機会があるのでしょうかね。

今後も楽しみです。


3月16日(土) 1回目18:00~/2回目19:30~「てっぺんとったんで!」 阪急西宮ガーデンズミニ握手会に行ってきました。

1回目、2回目ともそれぞれ1回ずつ握手をしました。

握手の順は、薮下柊、加藤夕夏、小柳有沙、篠原栞那の順でした。


1回目、2回目とも、少しの時間トークがあり、その後握手会が行われました。

トークは1回目は、「てっぺんとったんで!」の中で好きな曲について。

2回目は、ちゃぷちゃぷツアーや大阪十番勝負に関する話題でした。


この日うーか(加藤夕夏)は、髪を切ってきたすぐ後で、もともと童顔のお顔立ちがますます若く見えて可愛かったです。

握手時間は、1回目は全国握手会よりほんの少し長い程度、2回目の剥がしは激しく、ほとんど話す時間はありませんでした。

アルバムの高い値段の割に握手時間は短く、アルバムに関するミニ握手会は、率直に言って、コストパフォーマンスが悪いかな、と思いました。


うーかは、ここのところ全国握手会や個別握手会に結構通いつめているので、すっかり顔を覚えてもらっているので嬉しいです。

柊ちゃん(薮下柊)も結構握手会には行っているのですが、覚えてもらっているかは微妙… いや、たぶん覚えてもらっていない感じです(笑)

柊ちゃんは、あまり「あっ! お久しぶりですね」というようなことは言わない誰とでも同じようなテンポで話すタイプですので、正直よくわかりません(笑)


かんちる(篠原栞那)、ありぃ(小柳有沙)とは、配信で見ているN、M公演の感想の話をしました。


今回のミニ握手会は握手時間が短く、ほとんど内容ある話はできなかったので、4月13日(土)ATCホール以降の個別握手会に期待したいと思います。


NMB48 1stアルバム「てっぺんとったんで!」発売記念 3月9日(土) 15:00~ タワーレコードあべのHoop店ミニ握手会に行ってきました。

握手会前に、短い時間でしたが、メンバーの挨拶がありました。

公演の中で短期大学合格を発表したばかりのえみち(上枝恵美加)に、大きな声援と拍手が贈られていました。


ミニ握手会の握手は、小林莉加子、植田碧麗、上枝恵美加、室加奈子、赤澤萌乃の順に行われました。

僕は4回回りましたが、1回目は比較的時間が長く、個別握手会並みに話せたのですが、残念ながら2回目以降は剥がしが非常に激しく、ほとんど話すことはできない状況でした。


えみち(上枝恵美加)は、当初、特別にルックスがタイプというわけではなくて、正直言って、3期生お披露目からBⅡ発足後しばらくも、それほど注目しているメンバーではありませんでした。

しかし、BⅡ公演の配信を観ていて、その人柄に惹かれ、ブログをかかさずに読んでいて、内容も非常に良くて、じわりじわりと好きになっていっていました。

えみちと握手をするのは、3期生初の個別合同握手会以来でした。

握手でも本当に話しやすい感じがしてとても良かったです。

個別握手会の握手券も入手しているので今から楽しみです。


むろかな(室加奈子)は、以前も個別握手会で話したことはあるのですが、今回も直接話してみて、本当に恥ずかしがり屋の純情っ子だなぁという印象を改めて感じることができました。

容姿はとても大人っぽいですが、そうとは違った内面があり、容姿とのギャップを感じさせます。

BⅡのメンバーは、長子のメンバーが比較的多いのですが、その中で、むろかなは貴重な妹的メンバーだなと思いました。(実際は3人姉妹の真ん中です)

いい意味での妹っ子という雰囲気なのですが、公演では、セリフに詰まったメンバーへ積極的に助け舟を出すなど、しっかりした一面も持ち合わせています。

ですので、BⅡの副キャプテンなのかなと思い、このことを握手会でむろかなに聞いたことがあります。

むろかな自身は副キャプテンではなく、実際に副キャプテン格なのはりっぴー(小林莉加子)だと言っていました。


りっぴー(小林莉加子)、みーれ(植田碧麗)、ほのり(赤澤萌乃)は、これまで、格別に注目をしていたメンバーというわけではなかったのですが、この握手会での話題を考えるためにブログなどをしっかり読んだり“予習”をしていて楽しい時を過ごしました。

今後は上記メンバーの他、このみん(日下このみ)、はーこ(黒川葉月)といった、うーか(加藤夕夏)やしゅう(薮下柊)以外のメンバーの個別握手会にも積極的に参加していきたいと思っています。


やはりBⅡのメンバーはそれぞれいい一面を公演などで出していっていますね、

じゃんぐる・レディoh!は、公演配信と重なる時間に放送されているので聴く機会を逸していて、それほど聴いているわけではありませんが、これからは出来る限り積極的に聴いていきたいなと思っています。

公演の時間と重ならないような時間帯へ変えればもっと注目度が高くなるのにと思うと、少し残念な気持ちになります。


いずれにしましても、BⅡのメンバーにつきましては、知れば知るほど魅力を感じるようになっています。

秋元康氏は、3期生に対して、「可愛い子が、こじんまりと集まった」という発言をしました。

しかし、3期生は、以前の公演前の掛け声であった、「小粒じゃないねん、やったんで!」という反骨精神を今後とも奮い立たせ、ますます魅力を発揮していってほしいと思います。


NMB48劇場チケットセンター公演情報によりますと、3月19日(火)、4期生 渋谷凪咲さんが、チームBⅡ『会いたかった』に出演予定とのことですね。

4期生が、チームBⅡ『会いたかった』公演に出演するのは、3月8日の西村愛華さん以来2人目です。


3月19日(火)は、公式サイトのスケジュールでは、当初チームNの公演が入っていましたが、変更になったようです。


渋谷凪咲さんは、研究生公演を配信にて観ていて、48グループ的に非常に人気が出そうなメンバーだなと感じました。

明るく、親しみやすい雰囲気、そして適度なお色気もあって、ファンサービスも良さそうな感じです。

握手会でファンの心を虜にすることは間違いないと思われます。

年齢的にも4月からは高校2年生です。

小・中学生の若いメンバーは、握手会での受け答えで年長のメンバーのように当意即妙に対応することが年齢的にどうしても難しく、握手会人気は上がりにくい傾向にあります。

高校2年生ならほぼ“即戦力”という感じです。


運営サイドは、西村愛華さん、渋谷凪咲さんを当面は推していくと考えられますが、シングル選抜についてはどうなるのでしょうか。

いきなり表題曲選抜抜擢ということもあるのでしょうか。

そこまでの抜擢はないとしても、少なくとも、紅組・白組には入る可能性が高く、鉄砲隊のような“準選抜”にももしかしたら選ばれるかもしれません。

個人的には、表題曲の選抜に抜擢するくらい思い切ったことをした方が、より活性化していいのかなという気持ちでおります。


NMB48は4期生も入り、もうメンバー全員の動向を細かくチェックしたりすることは困難になってきていますので、僕は現在は、基本的には、NMB48全体に関わる常識的なことを除いて、3期生、4期生と2期研究生の動向をチェックすることを優先しようと考えています。

NMB48劇場チケットセンター公演情報によりますと、3月8日(金)、4期生 西村愛華さんが、チームBⅡ『会いたかった』に出演予定とのことですね。

3期生以外が、チームBⅡ『会いたかった』公演に出演するのはこれが初めてです。


NMB48 3期生は、現在18名となっており、現状のようにチームBⅡ公演を3期生だけで行うことには限界がきていました。

そのことは、喫緊の課題でありましたが、4期生が入ることにより安定的に公演を行うことができるようになります。

他の4期生も順次出演していくのでしょうか?

個人的には、西村愛華さんの雰囲気は、チームBⅡのカラーに合っているように思いますので、楽しみです。


また、4期生のBⅡ公演出演については、公演だけの問題ではなく、4期生の昇格がどのようになっていくかという論題にも発展していくように思います。


それから、話は変わりますが、3月4日(月)の研究生『青春ガールズ』公演に石原雅子さん、松岡知穂さんが、3月6日(水)の公演に小川乃愛さんが出演し、これで4期生全員が『青春ガールズ』公演に出演することになりますね。

2013.2.20(水)チームM『アイドルの夜明け』公演 「片思いの対角線」BD(バックダンサー)に4期生が初出演しました。

川上千尋さん(ちっひー)と松村芽久未さん(めぐみん)が出演しました。

これからも続々と4期生が出演するのでしょうね。


僕は、個人的には一番好きなチームはチームBⅡですが、4期生にも活躍の場が広がっていくのは本当に楽しみで嬉しいことです。

2013.02.09.23:51
NMB48 研究生公演
NMB48 研究生公演を配信にて見ました。

研究生公演を見て率直に思ったことですが、古賀成美さん(なる)の存在感が凄かったです。


チームNの『誰かのために』公演での「ライダー」も非常にいいと思っていましたが、研究生公演にてその魅力が爆発した感じです。

思えば、なるちゃんは、正直言って2期生メンバーの中で人気の面では出遅れていました。

2期生公演の初日メンバーには選ばれず、チームMにも選ばれず、紅組・白組や鉄砲隊にも一度も選ばれたことはありません。


2012年4月22日にインテックス大阪にて行われた「純情U-19」全国握手会では、山本彩さんと同じレーンでした。

ちなみに、その当日のレーンは次のとおりです。

第1レーン:山本彩 古賀
第2レーン:渡辺 石田
第3レーン:福本 佐藤
第4レーン:山田 林
第5レーン:小笠原 西澤 原 中川
第6レーン:上西 東 肥川 鵜野
第7レーン:白間 矢倉 篠原 山岸
第8レーン:谷川 太田 山口 沖田
第9レーン:村上 藤田 山本ひ 岸野
第10レーン:木下百 與儀 村瀬 木下春
第11レーン:門脇 高野 三田 近藤
第12レーン:小谷 小柳 川上 城

このレーン割をみると、なるちゃんは、事実上、序列最下位扱いであったことがわかります。

実はこのとき、僕はなるちゃんと握手をしていました…

そのとき第1レーンに行ったのは、さや姉目当てでありました…


運営サイドもなるちゃんの潜在力には着目したようで、研究生公演では非常にいいポジションでの出演となっています。

今後、おそらく、紅・白組に選ばれる可能性は非常に高くなりました。

もしかすると、鉄砲隊への抜擢の可能性もあり得るほどになりました。


中学3年生・14歳のなるちゃんは、年齢的には“遅咲き”とは言い難いのですが、やはり他の2期生のメンバーと比べると、

序列最下位クラスに位置づけられていたなるちゃんが、この研究生公演では山本彩さんのポジションということであり、

飛躍的に位置が上がったということですね。


運営サイドは、この研究生公演では4期生の西村愛華さんと並んで、2期研究生では、なるちゃんを本格的に推していくという姿勢をはっきりさせているように感じられます。


なるちゃんのようなある意味“遅咲き”であり“叩き上げ”のメンバーが活躍していくことを見守って行けるということも、アイドルを応援していくことの醍醐味でもあります。


前回のブログにて、3・4期生を中心的に応援していくと書きましたが、一部修正します(笑)

なるちゃんを始め、2期研究生への応援も重点的にしていこうと思いました。

3期 5 :4期 5 ぐらいでもいいかなぁと思っていましたが、現状においては、3期 7 :4期 2 :2期研究生 1 ぐらいの割合で応援していこうと思っています。


“研究生公演”とは言っても事実上は新チーム結成に近いようなところはあると思います。

『青春ガールズ』公演は、MCの回数が多いのがいいですね。

できれば、BⅡの公演も、もう少しMCの時間を多くしてくれたらと思うのですが……


キャラが一層わかってきてから、4期生の重点度を上げていければなと思います。




NMB48 1stアルバム「てっぺんとったんで!」の個別握手会の申し込みが1月21日から始まりました。


NMB48も、4期生を加え、70名を超す人数となりました。

網羅的に応援していくには限界が来ていると感じていますので、これからは、基本的に3期生と4期生に絞って重点的に応援していこうかなと思っています。


4期生の“1推し”候補も絞られてきました。

2月1日から始まる研究生公演を観て変わるかもしれませんが、今のところ、西村愛華さんが一番いいかなと考えています。


お披露目のときから可愛いなと思っていたのですが、金子剛支配人のGoogle+の投稿の動画はかなりいいですね。
https://plus.google.com/u/0/103350333579457321452/posts/STqaFdadBTg


二組に分かれる4期生合同個別握手会が楽しみです。

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、今回は、遅くなってしまいましたが、NMB48 チームBⅡ HKT48劇場出張公演のことについて書いていきたいと思います。


HKT48劇場に行くのはこれが初めてのことです。

12月22日(土)、僕が当選したのは夜公演でした。

HKTのモバイル会員になり、当選したのはモバイル枠ですが、後述するようにHKTではモバイル枠も一般枠も良席に座れるかどうかというのは関係ありません。

行きは伊丹から飛行機、帰りは伊丹行きの便は時間的にないので、関空行きのピーチの飛行機に乗りました。

メンバーが博多からの最終の新幹線に乗り、博多駅でお土産を買っていたとの情報があり、それだったら、新幹線にて帰れば良かったかなぁと思ったり(笑)

まぁそうだとしても、メンバーに声をかけたりはしませんが、全くの一般人のふりをして、メンバーが集まっているところに、しれっと近くにいたりして(笑)



HKT48劇場は、唐人町駅から徒歩15分との記載がHPにあったので、15分も歩くのは大変だと思い、福岡空港に着き、博多まで地下鉄で行ってから、バスに乗りました。

しかし、これが大失敗。博多から天神までの道路が異常に混雑していて、博多・天神間におよそ40分もかかりました。

金輪際、博多から天神方面に向かうバスには生涯絶対に乗らないよう心に誓いました。

しかし、ここの間の道路がこれほどまでに混むというのは、情報収集が至らなかった自分自身の責任です。

帰りは唐人町駅まで歩きましたが、それほどの距離には感じられませんでしたので、行きも地下鉄で行けば良かったと思いました。


NMB48の方式では、当選メールの段階でどの辺りに座れるのか見当がつきますが、HKTは入場順の抽選は現地にて行います。

抽選のとき、ドキドキしていたのですが、残念ながら、抽選の結果、入れる順番はほとんど最後近くになってしまいました。

正直、ここでテンションが下がってしまったなぁ…

せっかく兵庫県から行ったのにこの席かぁ、という感じで力が抜けてしまいました…


HKT48劇場の印象としては、とても綺麗だとは感じたのですが、いかんせん、少し広すぎるかなぁというのが率直な感想です。

舞台が前に出ている部分がありますが、ここを客席にしたら、良席がもっと増えるのにもったいない、と感じたのは僕だけでしょうか(笑)

NMB48劇場は、本当にメンバーと客席との距離が近い。

しかし、一人一人の席の幅が広いことについてはうらやましいなぁと思いました。

NMB48劇場では、隣の観客と肩が触れ合うぐらいですからね(笑)


それから、ハイタッチの方式が違いましたね。

“肩たたき”がNMB唯一の方式だということは存じていましたが、HKTでは、ハイタッチに向かう順番が定められていないのです。

NMBでしたら、席ごとにハイタッチに向かう順番が決められるのですが、HKTではそれは関係なく、観客はぞろぞろと自由に出口に向かう方式でした。

また、方向の関係で、「ハイタッチは左手で!」と係員が指示を出していました。

NMBではあり得ないことですが、HKTは、廊下ではなくロビーにて行うので、ハイタッチをしている様子を、終わってから見ていることが可能なのです。

これは結構新鮮なことでしたね。


BⅡの公演については、いつもながらに素晴らしいものでした。

ただ、僕の後ろの観客が、過度に騒ぐタイプの人たちで、極端に耳をつんざくようなコールなどをしていて、メンバーの歌声や話声がかき消されてしまっていました。このことについて興冷めに感じたのは否めないところです。


しかし、普段とは違うHKT48劇場に行ってみて、自分自身いろいろな刺激を受けました。

これからも機会があれば、まだ行ったことのないAKB48劇場やSKE48劇場にも是非足を運んでみたいと思いました。


2012.11.25.05:12
11月23日(金・祝)、24日(土)の2日連続で、神戸ポートアイランドワールド記念ホールにて開催されたNMB48「ヴァージニティー」、「北川謙二」全国握手会に行ってきました。

ライブから行くと、ずっと立ちっぱなしが続いてしまうので、体力的なことを考慮して、両日とも夕方前ごろからの参加です。

チームBⅡ(3期生)の加藤夕夏さん(うーか)、薮下柊さん(しゅう)を中心に回りました。



23日は、うーかのレーンは、うーか、小笠原茉由さん(まーちゅん)の順。

柊ちゃんのレーンは、岸野里香さん、柊ちゃん、小柳有沙さん、島田玲奈さんの順でした。


うーかのレーンは、渡辺美優紀さん、山本彩さんは別格として、その次に並んでいましたね。

まーちゅんとうーかを同じレーンにしてこれだけ混雑するというのは、おそらく、運営サイドがうーかの人気を過小評価しての見込み違いなのでしょうね。


それから、なつみん目当てで山岸奈津美さん、福本愛菜さんのレーン、むろかな目当てで室加奈子さん、川上礼奈さん、矢倉楓子さんのレーンにも行きました。



24日は、うーかのレーンは、うーか、河野早紀さん、篠原栞那さん、小谷里歩さんの順。

柊ちゃんのレーンは、山岸奈津美さん、黒川葉月さん、與儀ケイラさん、柊ちゃんの順でした。



それにしても、うーかはやっぱり凄かった(笑)

一番最初の場所に位置していて、通路を歩いているときから満面の笑顔で迎えてくれるので、シャイな僕はさすがにちょっと照れてしまいました(笑)

握手についても、ヤル気みなぎるというか、うーかは、もの凄い全力投球での対応ですので、元気をもらってあまりあるという感じで本当に良かったです。

流れの速い全国握手会ではありますが、事務的な雰囲気というのは微塵も感じられませんでした。



柊ちゃんは、いわゆる“釣って”くるタイプではありませんが、根が真面目な雰囲気があふれ、落ち着いて話ができる感じです。



握手会に関しては、うーかはアイドル的な自己プロデュースを追求するタイプ、どちらかと言えばまーちゅんに近い感じかな。

柊ちゃんはさや姉に近い感じかな。



いずれにしても、うーかも柊ちゃんも、タイプの違いはあっても、高いレベルで真摯に対応してくれることには間違いはありません。

やはりチームBⅡ(3期生)の2トップを張っているだけのことはあるなぁということを、改めて実感しました。

2012.11.05.02:07
NMB48 木下春奈さん、島田玲奈さん、谷川愛梨さんが、BS-TBS 「音ボケPOPS」に出演しました。


いい番組でした。

地上波とは異なるBS特有の落ち着いた雰囲気。

NMB48についてほとんど知らない方にも存分に魅力が伝わると思われる、ほぼ満点ともいえる番組構成でした。


このような良質な番組に数多く出演できればいいなぁと感じました。

2012.11.05.01:07
NMB48の活動を辞退した藤田留奈さんが、ツイッターとブログを始めたとのことですね。
https://twitter.com/runa091125
http://ameblo.jp/pi-man-r/

これからの更新が楽しみです。

2012.11.04.23:59
NMB48 劇場公演配信開始
NMB48の劇場公演の配信が11月5日から始まるとのことですね。
http://www.dmm.com/lod/nmb48/


これまで劇場公演は、応募しても応募してもほとんど当選しませんでしたから、これは本当にもの凄く嬉しいことです。

大阪府泉大津市で行われた「羊のゆめフェスタ」に行ってきました。備忘録的に記載したいと思います。


NMB48 三期生が出演。

ただ、選抜メンバーの薮下柊さんと加藤夕夏さんは、横浜での全国握手会に参加のためこのイベントには不参加。

また、杉本香乃さん、三浦亜莉沙さんは、チームMの劇場公演の『片思いの対角線』のバックダンサー出演があり、不参加だったようです。


情報では、15:50からということでしたが、出るのが遅れたことと渋滞などもあり、15:40頃に駐車場に着いたときにはもう1曲目の『会いたかった』が始まっていました。

急いでステージの方へ。

後ろの方なのでステージは見にくかったです。

背伸びをしたりして、なんとかメンバーを見ていました。


セットリストは、『会いたかった』、『北川謙二』、『NMB48』、『青春のラップタイム』、『ナギイチ』。


久代梨奈さんが、各曲ほぼセンターでした。

マイクで挨拶をしたのは、うろ覚えですが、久代梨奈さん、室加奈子さん、山内つばささん、上枝恵美加さんだったと思います。

黒川葉月さんは、泉大津のだんじりを引いたことがあるとのことでした。


この後にも、NMB48の出番はあったのかもしれませんが、NMB48の歌唱ステージが終わったところで、帰路につきました。


2012.11.02.00:02
遅くなりましたが、難波鉄砲隊其之弐のMVを見て、改めて惜別の思いがこみ上げてきました。

松田栞さんの卒業については、書こう書こうと思いながらも、なかなか言葉で思いを伝えることが難しく、結局当ブログには書くことができないでいました。


難波鉄砲隊其之弐では、矢倉楓子さんに次ぐポジションを得ていて、これから推されていくと思われていただけに、非常に残念です。

ルックスが良くて、その上、トークもとても面白く、「なにわなでしこ」のお味噌汁の話や、「りっすんぷりーず」での宇宙人の話、「あるあるYY」でも非常に存在感を発揮していただけに、本当に卒業が惜しまれます。

“普通の女の子”に戻っても、元気でいてくださいね。

NMB48 難波鉄砲隊其之弐 『冬将軍のリグレット』のMV フルバージョンが公開されました。

http://www.youtube.com/watch?v=tt0I1YgTueM

難波鉄砲隊其之弐は、薮下柊さん、加藤夕夏さん、久代梨奈さん、山岸奈津美さん、矢倉楓子さん、松田栞さん、山本ひとみさん、與儀ケイラさんが選抜されています。


MVは、各メンバーがフィーチャーされていて、本当に素晴らしい出来映えですね。

CDが発売されたら、DVDを観ることが日課になるぐらい繰り返し見ていこうと思っています。


2012.10.14.16:06
NMB48 6thシングル『北川謙二』の紅・白組選抜も発表になり、人選の全容が明らかになりましたね。

詳細はWikipediaに記載されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%B7%9D%E8%AC%99%E4%BA%8C_(%E6%9B%B2)


毎回ドラマがあるのですが、今回の最大のドラマは、村上文香さんの表題曲、鉄砲隊、紅・白組、すべての落選でしょうね。

チームM内の序列も相当下げられているようですし、理由ははっきりしませんが、完全に運営サイドからは疎んじられているようです。



逆に、矢倉楓子さんは、表題曲、鉄砲隊、紅組に選抜され、このタイトル唯一の“三冠王”達成メンバーとなりました。

城恵理子さんが卒業した今、次世代のNMB48を担う存在として本格的に売り出していこうという運営サイドの強い意志が感じ取れます。



三期生(チームBII)の関係では、加藤夕夏さん、薮下柊さんが表題曲と鉄砲隊の現状維持。

赤澤萌乃さん、室加奈子さん、山内つばささんが紅・白組の現状維持。

久代梨奈さんが白組から鉄砲隊への事実上のランクアップ。

黒川葉月さんが新たに紅組に選ばれました。

2012.10.09.23:50
NMB48 「難波鉄砲隊其之弐」のメンバーが発表されましたね。

加藤夕夏、薮下柊、久代梨奈、山岸奈津美、松田栞、矢倉楓子、山本ひとみ、與儀ケイラの8名です。


納得の人選ですね。

三期生において、アイドル性抜群の加藤夕夏、薮下柊、久代梨奈。

ルックスの良さとトークの面白さを併せもつ松田栞。

ルックスでは本当にトップクラスと思われる山岸奈津美。

それから、新生チームMに昇格した山本ひとみ。

そして、與儀ケイラ、新生チームMのセンターの矢倉楓子です。


気鋭のメンバー揃いという感じです。


個人的には、中でも特に好きなメンバーである加藤夕夏、薮下柊、久代梨奈、山岸奈津美、松田栞に特に頑張っていってほしいなと思いました。


新生チームMのセンターのふぅちゃん(矢倉楓子)は、ガッツがありそうな雰囲気ですので、センターの重圧に推し潰れることなく、これからも伸びていくでしょうね。


2012.10.04.01:48
NMB48 藤田留奈さん(るーたん)が、「活動を辞退」することになりましたね。


支配人の金子剛氏のコメントが、いかにも“行間を読んでくれ”と言わんばかりの文章ですので、つまりは、そういうことなのでしょう。(何か理由があり、解雇された)


藤田留奈さんは、「あるあるYY動画」でも、面白さを存分に発揮していましたし、ルックスも可愛らしくて、結構好きなメンバーの一人でした。

このような結果となり、残念に思います。

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。