FC2ブログ
--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.30.21:08
篤姫』 第48回 「無血開城」

今回の「無血開城」、

もうボロボロになるほど泣いてしまいました。

涙ってこんなにも出るものなんだ、と思うほどでした。

後半はほとんどのシーンで泣いていましたが、天璋院(宮崎あおい)と家定(堺雅人)との“再会”。

今年の夏頃を思い出していました。

10時5分からのBSでの放送を再び見ますが、明日の朝は、目が腫れ上がってしまうのだろうなと思います。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
スポンサーサイト
宮崎あおいさんのニュースでは、来年2月14日公開の映画『少年メリケンサック』のスピンオフドラマの収録があったとのことです。

このドラマ「少年メリケンサックを探せ!!」は12月4日スタートで木曜午後8:54~(テレビ東京) ということなのですが、残念ながら、関西での放映はないようです。
(※訂正 その後、テレビ大阪では毎週日曜深夜0:35-0:40に放送されることがわかりました。)

あおいさんは、共演のユースケ・サンタマリアさんによりますと、「もちを焼くシーンで“いいにおいじゃ”と言っていた」とのことです(笑)

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/11/28/08.html


また、ファッション雑誌「VOGUE(ヴォーグ)」の日本版が選んだ「ヴォーグ・ニッポン ウーマン・オブ・ザ・イヤー2008」の授賞式が開かれたとのことで、あおいさんは、黒・グレー系のシックな和服姿で出席しています。

http://www.sanspo.com/geino/news/081127/gnj0811270505014-n1.htm


そして、女性プロ野球選手となる県立川崎北高校二年の吉田えりさんは、川崎市長を訪問したとのことで、その記事がありますね。

http://www.kanaloco.jp/sportsnews/entry/entryxiiinov081131/


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2008.11.28.22:37
篤姫』 第47回 「大奥の使者」の感想です。

第47回 「大奥の使者」の視聴率は、25.1%でした。前回が24.3%でしたので、0.8%上げましたね。


さて、本編ですが、

静寛院(堀北真希)は、慶喜(平岳大)助命の嘆願書を届けることを、土御門藤子(竹本聡子)に託すことにする。

今回、竹本聡子さんの出番とセリフが多かったですね。そして、竹本聡子さんの後ろには、常磐(安倍麻美)が映っていました。

天璋院(宮崎あおい)は、唐橋(高橋由美子)に託す。


唐橋は、京で、幾島(松坂慶子)と出会う。


幾島は、小松帯刀(瑛太)と会い、天璋院からの嘆願書を見せる。小松帯刀は、西郷吉之助(小澤征悦)が強硬であることを言う。


それでは、続きはまたの機会にしたいと思います。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
金澤美穂さんが、12月2日(火)22時から放送の、ドラマ『チーム・バチスタの栄光』(フジテレビ系)に出演することが、公式プロフィールページで発表されました。

美穂さんのオフィシャルブログでは、そのことは、美穂さん自身が発表していましたが、この度公式発表されましたね。(村本カナ役)

第8話の予告を読みますと、バチスタ手術を待っている少女役とのことです。

来週の火曜日が、本当に楽しみです♪


金澤美穂さんのオフィシャルブログ「オレンジLife」
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/

金澤美穂さんのプロフィールページ
http://avex-geinou.jp/newcommer/kanazawa/index.html

ドラマ『チーム・バチスタの栄光』第8話の予告
http://www.ktv.co.jp/batista/story/


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
「第18回映画祭TAMA CINEMA FORUM」のときのことについて、菱沼康介監督のブログが更新されました。

TAMA CINEMA FORUMでは、金澤美穂さん主演の映画『はじめての家出』が、聖蹟桜ヶ丘にあるヴィータホールにて上映されました。

菱沼康介監督、そして、出演者の金澤美穂さん、斉藤リナさん、米村美咲さんの舞台挨拶がありました。

僕は、監督のお力添えのおかげで、金澤美穂さんと直接お話をすることができ、握手までしていただくことができました。最高の思い出ができました。

監督のブログに、お礼のコメントをさせていただきました。


さて、監督のブログによりますと、映画のタイトルを美穂さんが代表して書くことになったそうです。

美穂さんは、いきなり“初”と書き始め、「次ぎは“じ”でしたっけ、“め”でしたっけ?」と言ったそうです。

「いや、その前にタイトル、ひらがなだから・・・」とは監督の弁。

「しかも、初の字は、線が一本足りず、ネになっている。変わらずの天然っぷりだ。」とあります(笑)

監督とお話をさせていただいたときにおっしゃっていた、美穂さんが“天然”という意味がわかりました(笑) カワイイですね(笑)

そういえば、美穂さんのブログでも、今は訂正されていますが、最初は『初めての家出』と“はじめて”が漢字で書かれていたような…(笑)

米村美咲さんのブログでは、最初、『はじめの家出』となっていました(笑) 天然3人娘なのでしょうか??(笑) でもカワイイですよね(笑)


また、監督のブログでは、

「関西から、金澤くんに会いに来た方もいる」とあり、それは僕のことですね(笑) ブログで触れていただけて、とても嬉しいです!

そして、「自分の仕事の力を改めて感じる。映画には、人を電車に乗せて、映画館へやってこさせる力がある」とあります。

僕は、最近特に、映画を積極的に観るようになりましたが、映画って本当にいいですよね。(故水野晴郎さんに敬意を表して)

映画を観るということは、一生の楽しみにすることができますし、世界が断然広がった思いがします。


ところで、金澤美穂さんのブログは、このところずっと毎日更新されていて、本当に嬉しいです。

コメントも毎日させていただいています♪ 美穂さんのブログを読んでいると、仕事の疲れもふっとびますね。今一番の楽しみですし、一番のココロの栄養剤です! 美穂さん、本当にありがとう! でも、無理はしないでね♪


それから、いきなり現実的な話になりますが、事務所サイドとしては、タレントさんのブログのアクセス数やコメント数で、そのタレントさんの“人気度”を冷徹に計っているとは思います。

美穂さんも、まずは“社内競争”に勝っていかないといけないのですよね… それによって事務所の“プッシュ”の度合いが違ってくるんですよね…

でも、美穂さんなら絶対、大丈夫であろうと信じています! ずっと応援します!!


菱沼康介監督のブログ「菱沼康介の、丸い卵も切りよで四角。」
http://blog.goo.ne.jp/monndori

金澤美穂さんのオフィシャルブログ「オレンジLife」
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
金澤美穂さんのオフィシャルブログやプロフィールページで紹介されている、DVD「音女-Otome- ruby」についてです!

このDVDは、少し前に購入し、鑑賞していましたが、今回紹介させていただきます。

金澤美穂さんは、このDVDの第20話「先を越されたオトメ」というショートドラマにて主演しています。


このショートドラマでは、歯医者さんで、美穂さんが想いを寄せる男の子と、待合室で偶然鉢合わせをします。

美穂さんは、これはチャンスかも! と思って、どんな音楽を聴いてるの? とか、もしよかったら、CDを交換しない? とかアプローチをするのですが、実は、その男の子は、彼女と一緒に歯医者さんに来ていて、その彼女は、美穂さんのクラスメートですが、そういうことになってるというのは、美穂さんは全く知らなかったという話です。

美穂さんは、歯の治療をする前に、泣いてしまいます。


美穂さんは、このショートドラマでも、微妙な表情の変化も、内面を話すナレーションも本当に凄くいいですねー。

美穂さんの才能はホント凄いです。天性のものなのか、レッスンで努力を重ねてきたのか…… おそらく両方だと思いますが、将来がますます楽しみです。


金澤美穂さんは、『容疑者Xの献身』で映画デビューを果たしました。

容疑者Xの献身』は、福山雅治、柴咲コウ、北村一輝、松雪泰子、堤真一、ダンカン、長塚圭史、金澤美穂、益岡徹、林泰文、渡辺いっけい、品川祐、真矢みき、鈴木卓爾、三浦誠己、小松彩夏、リリー・フランキー、八木亜希子、石坂浩二、林剛史、葵さんら出演、東野圭吾原作、西谷弘監督作品です。

金澤美穂さんは、堤真一さんの隣人、松雪泰子さんの娘の役です。


僕は、TAMA映画祭で、金澤美穂さんと直接お会いしたことで、もう本当に、金澤美穂さんの大ファンになりました。本当に、とても礼儀正しくて感じの良い方でしたねー。

TAMA映画祭のことについての僕のブログ記事はこちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-192.html


金澤美穂さんのオフィシャルブログ「オレンジLife」
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/

金澤美穂さんのプロフィールページ
http://avex-geinou.jp/newcommer/kanazawa/index.html

エイベックス・ニュースター・シネマ・コレクション
http://avex-newstar.com/index.html


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
11月23日(日)に、金澤美穂さんにお会いして、握手までしてもらったことが、夢の中での出来事のように思えます。

そのときのことのブログ記事はこちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-192.html


24日(月・祝)は、映画『容疑者Xの献身』を鑑賞しました。『容疑者Xの献身』を観るのは、これで5回目になります。

この映画は、何度観ても感動して涙がこぼれます。本当にいい映画です。間違いなく、今年最高の映画だと思っています。

特に、石神(堤真一)が留置場の中で、四色問題を考えているシーン。留置場の天井が、四色に彩られていく。このシーンでは、涙があふれ、流れ、止まりません。


松雪泰子さんの娘役である金澤美穂さんは、涙を流したり、憂いのある表情、そして笑顔も。本当に素晴らしいですね。間違いなく、将来はとてつもない大女優になるでしょう。

美穂さんを特に凄く素晴らしく思うのは、直接お会いしたときや、美穂さんのブログでの印象から感じる、何事にも真摯に取り組む姿勢。

こういう姿勢があれば、自分から“自滅”をしてしまうようなことはないし、多くの関係者からも認めてもらえるでしょうね。

心から願うのは、関係者の皆さん、どうか、美穂さんを大切に育てていってほしい。本当に心からそう思います。


今日もブログ更新があり、八景島シーパラダイスに行ってきたとのことです。ああ、本当に美穂さんのブログはいいですねー。こちらも、いつも自然に笑顔になってしまいます♪


どんなに無味乾燥、どんなに嫌なことがあっても、金澤美穂さんの笑顔さえあれば生きていける。今、まさにそう感じています♪


金澤美穂さんのオフィシャルブログ「オレンジLife」
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/

金澤美穂さんのプロフィールページ
http://avex-geinou.jp/newcommer/kanazawa/index.html

エイベックス・ニュースター・シネマ・コレクション
http://avex-newstar.com/index.html


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
「第18回映画祭TAMA CINEMA FORUM」から、関西の自宅に帰ってまいりました。

11月22日(土)は、名古屋市美術館で開催されている「20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代展」と、映画『グーグーだって猫である』で、小泉今日子さんの少女時代を演じた小池里奈さん出演の映画、『青空ポンチ』の鑑賞のために名古屋に行っていました。

名古屋で一泊したのち、23日(日)、新幹線で東京に向かいました。

はじめての家出』の上映会場である、ヴィータホール(関戸公民館)のある聖蹟桜ヶ丘には、少し早めに着きましたので、会場の辺りの様子を見ようと思い、ヴィータホールの入り口の近くのイスに座っていました。

決して“入り待ち”をしていたのではありませんが、偶然、そこへ、金澤美穂さんがやってきたのです! 2mぐらい離れたところを、マネージャーさんとともに歩いていきました。すぐにわかりました。

僕は、あまりに突然なことに、絶句してしまい、声をかけることはできませんでした。

そして、行ってしまった後、「自分のバカ! バカ! こんなチャンスはめったにないのに……」と思い、自分の情け無さをうらみました。

映画の終了後、舞台挨拶が始まりました。金澤美穂さんは、舞台挨拶で、かなり緊張していらしたようですね。僕は、心の中で、がんばれ! がんばれ!とエールを送っていました。


舞台挨拶終了後、会場の外に出ると、菱沼康介監督が、知り合いの方とお話をしていました。監督とは、挨拶をさせていただきたいなぁと思っていましたので、知り合いの方とのお話が終わったところで、監督に話しかけました。

僕「監督! いつもブログを拝見しています。フラクタルです。勝手にリンクとかして、すみません」

僕は、監督のブログには、コメントをしたことはありませんが、僕のブログは、『はじめての家出』で検索をすると、今のところ検索結果で上位にあがりますので、監督もやはりご存知でした。

監督「ああ、ブログを読みましたよ。関西の方だそうですね」
僕「はい、そうです。僕は、年甲斐もなく、金澤美穂さんのファンになってしまいました。『容疑者Xの献身』は4~5回観ました」

映画監督といえば、僕にとっては、雲の上のような存在。僕は緊張しながら話をしていました。そして、『はじめての家出』についての感想を聞かれました。

監督「それで、映画はどうでしたか?」
僕「えっ?」

映画に関しては、全くずぶの素人である僕に、映画のプロ中のプロである映画監督さんに感想を聞かれてしまいました。

僕は、どうしよう~、う~ん。僕に言えるようなことなんてあるかなあ、と思いながらも、

僕「ストーリーが、結構予想とは違っていました。それから、金澤美穂さんの役が、男の子にリーダーシップを発揮するような役で、それも予想とは違っていました」と何とか答えました。

監督「そうなんですよね。実際は、役とは全然違うんですよね。今日も舞台挨拶で緊張していて、緊張しぃなんですね。でも、“天然”です」
僕「そうですか。実は、映画が始める前、金澤美穂さんが入るところを見たんですよ。でも、勇気が出なくて、話しかけることができませんでした」

監督は、「あ、それじゃあ、呼んできましょうか?」と言って奥の方に入られました。
僕「えっ! いいんですか?」

そのときは、美穂さんは来られなかったのですが、

監督「ここで待っていれば、あとで来ますよ。大丈夫です」と言って、監督は、映画祭の関係者の方のほうに行きました。菱沼監督は、本当に気さくに応対してくださって、もの凄く嬉しかったです。


しばらくその場所で待っていると、金澤美穂さんが、マネージャー、スタッフ、ほかのタレントさんとともに、出てきました。

僕は、監督にお墨つきをもらっていたので、勇気100倍、美穂さんに話しかけました。

「か、金澤美穂さん。いつもブログ拝見しています。僕は、関西から来たフラクタルです。これからもがんばってください!」

僕は、緊張していたので、何を言ったかは正確には覚えていませんが、たぶん上記のようなことを言ったと思います。

僕が右手を出すと、美穂さんは握手をしてくれました。頭の中は真っ白になっていましたが、本当に感激しました。

美穂さんは、別れ際に、「いつもコメントをありがとうございます」と言ってくださいました。

本当に礼儀正しい方でしたよ。僕はもう、ますますファンになりました!


それから、思ったのですが、その場でも、居たのは僕だけでしたし、今、一番熱心に美穂さんを応援しているのは、もしかしたら、僕なのかなぁと、ふと思いました。

それならそれで、僕は、はりきります!(笑) これからもずっと、応援していきますよ!!

美穂さんのブログを、帰ってすぐに見ましたが、12月2日(火)のドラマ『チーム・バチスタの栄光』に出演するとのことですね! 『チーム・バチスタの栄光』は、映画は見ましたが、ドラマは今まで見たことがなかったので、絶対見逃さないようにします!


それにしても、本当に充実した一日で、とても良かったです! 『はじめての家出』は、前にも書きましたが、金澤美穂さんが、男の子にリーダーシップを発揮したりする、活動的な女の子を演じています。美穂さんに想いを寄せている男の子との掛け合いのところはとても面白いです。

やはり美穂さんは、スクリーンで光り輝いていました。本当に良かったです。演技に関してはホント、天性なんでしょうかね。この映画でも、男の子のことを、最初は関心が無かったのに、だんだんと心を通わせていくところを見事に演じていました。

実は、今回は、音声トラブルなどがあり、セリフも一部わかりにくいところがありましたので、また、必ず、公開されたら見に行きたいと思います! 公開は、来年の2月24日(土)、渋谷シアターTSUTAYAです!


金澤美穂さんのオフィシャルブログ「オレンジLife」
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/

金澤美穂さんのプロフィールページ
http://avex-geinou.jp/newcommer/kanazawa/index.html

エイベックス・ニュースター・シネマ・コレクション
http://avex-newstar.com/index.html

菱沼康介監督のブログ「菱沼康介の、丸い卵も切りよで四角。」
http://blog.goo.ne.jp/monndori


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2008.11.22.10:12
篤姫』 第46回 「慶喜救出」の感想の2回目です。前回の記事はこちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-186.html


それでは続きです。

天璋院(宮崎あおい)は、徳川慶喜(平岳大)に会うことにする。

天璋院「あなたは、わたくしを侮っておいでじゃ」
慶喜「侮るなどめっそうもない」
天璋院「わたくしがおなごゆえ。そして、成り上がりゆえ」

天璋院「きれいごとはもうよい」
慶喜「きれいごと? 首を差し出すのがきれいごとでございますか」
天璋院「きれいごとじゃ」

慶喜「ではわたくはどうすればよろしいのですか。朝敵にされたまま、このままおめおめ生きろと」
天璋院「生きてもらいます」
慶喜「生き恥を晒せと」
天璋院「晒すのです」


天璋院は、慶喜を連れて静寛院(堀北真希)のところへ行く。このときの慶喜は、まるで、母親に連れられて先生のところに謝りに行く息子のようでした。


そのころ、京では、

岩倉具視(片岡鶴太郎)「ただ、勅命による討伐やから、有栖川宮熾仁親王(竹財輝之助)さんに、大総督をお願いすることになる。あんたさんは、その参謀役ということになりますが、よろしいかな」
西郷吉之助(小澤征悦)「もちろん、そいで結構でございもす」

岩倉具視「しかし、皮肉なもんやなぁ。薩摩の西郷さんは、薩摩の天璋院さんを追い詰める。それと、さっき話した大総督の熾仁さんなあ、あれは昔、和宮さんの許婚やったお人や。歴史いうんは、こういうむごいことを時々やりよるんやなあ」


江戸では、

慶喜「なぜそこまでのことを。この慶喜のために」
天璋院「あなたは、家族です」
慶喜「家族」
天璋院「徳川という家に集った家族である以上、わたくしは、命を懸けてあなたを守らねばなりません。あなたは聡明な人です。すべてが見通せてしまったのでしょう」

天璋院「それをおわかりなのは、わたくしが知る限り、家茂公と、夫であった家定公でした。おふたりとも、将軍の重荷を背負われ、若くして亡くなりました。あなたは生きてください。おふたりの分まで。これまでのご苦労、お察し申し上げます」
慶喜「そのような、お手を、お手をお上げくださいませ」


天璋院「時に、慶喜殿はいかがしておいでじゃ」
勝麟太郎(北大路欣也)「よく耐えておいでです。狭い部屋にこもられ、ただただ沈黙を守られて」


今回、後半は、感動して涙が流れっぱなしでした。とても良かったです。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2008.11.21.23:47
篤姫』 第46回 「慶喜救出」 今回、もの凄く良かったです!!

「桜田門外の変」以降では、一番だったように感じました!

後半、ただただ圧倒されていた感じです。

宮崎あおいさんの天璋院はどうしてこうも説得力があるのでしょうか。すべてに超越しているように感じられました。

あおいさんの演技は、どのシーンでも、どんな瞬間でも、100%完璧で、もう、言うべき言葉も出ないほどです。

心が伝わってくるんです。今は、あおいさんを、とにかく尊敬申し上げていますとしか言えません!


さて、本編ですが、

徳川慶喜(平岳大)は、わずかな側近だけを連れ、大坂城をひそかに抜け出し、船で江戸へと向かう。

江戸に着いた慶喜は、まず、勝麟太郎(北大路欣也)に会うが、天璋院(宮崎あおい)と会うように言われる。


大奥では、天璋院は、滝山(稲森いずみ)、重野(中嶋朋子)、唐橋(高橋由美子)と話をする。

唐橋「よほど誇り高き方なのですね」


そこへ本寿院(高畑淳子)と歌橋(岩井友見)がやってくる。

本寿院は、慶喜を殺し、首を差し出せと主張する。


また、静寛院(堀北真希)もやってきて、慶喜を許すことができないと言う。


それでは、続きはまたの機会にしたいと思います。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2008.11.20.23:41
神戸9クルーズからドラフト7位指名を受けた吉田えりさんの話題が、世界規模の広がりになっています。

─「女子高生プロ野球選手」の話題は、世界規模の広がりを見せている。前日17日にAP通信が「16歳の女子高生が日本初の女子プロ野球選手に」と世界に打電。大リーグの公式ホームページも「ウェークフィールドに見習った女子高生」と紹介した─ とあり、話題は世界規模となっているとのことですね。

ナックルボールの「師匠」、レッドソックスのティム・ウェークフィールド投手は、
─「いつか彼女の投球を見てみたい。彼女の幸運を祈る」とのメッセージを送り、「光栄なこと。彼女から何か学ぶことがあるかもしれない」と話した─ とのことです。

僕も本当に彼女のがんばりに期待したいです。機会があれば、試合を見に行きたいとも考えています。

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20081119-431132.html

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20081120-431563.html


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
容疑者Xの献身』で、松雪泰子さんの娘役で映画デビューをした金澤美穂さん主演の映画、『はじめての家出』に関する情報が本格的に公式発表されましたね!

金澤美穂さんのブログでは、本文で、「今日は報告があります」とあり、来年2月14日に公開されることが発表されました。

また、ブログのトップページの【出演情報】のところにも掲載され、エイベックス・ニュースター・シネマコレクションとして、渋谷シアターTSUTAYAにて公開されることが掲載されています。

また、☆追加情報☆として、11月23日(日)、TAMA CINEMA FORUMにて上映され、舞台挨拶に出演することが掲載されています。

金澤美穂さんのプロフィールページでも、これらのことが発表されています。

菱沼康介監督のブログも更新され(タイトル「コーシキ」)、公式発表のことについて触れられています。


エイベックス・ニュースター・シネマコレクションは、『はじめての家出』の他、『かさぶた姫』、『約束の地』、『GIRLS LOVE』、『年々歳々』が 渋谷シアターTSUTAYAにて順次公開されます。

はじめての家出
脚本・監督:菱沼康介
出演:金澤美穂 斉藤リナ 米村美咲 佐川大樹 小嶺麗奈
主題歌:「青春ランナー」歌:広沢タダシ

『かさぶた姫』
監督:三城真一
出演:近野成美 相葉弘樹 高山都 武下公美 加藤隆之
主題歌「Confusion」歌:古内東子

『約束の地』
監督:加納周典
出演:伊藤ゆみ 緒形寛太 松田賢二 渋谷亜希 藤真美穂 菅田俊
主題歌:「このまま恋になる」歌:弥生

『GIRLS LOVE』
脚本監督:川上春奈
出演:大石参月 下宮里穂子 谷口紗耶香 赤谷奈緒子 有末麻祐子
主題歌:「桜色のてがみ」歌:甲斐名都

『年々歳々』
監督:安達正軌
出演:江野沢愛美 円城寺あや 指出瑞貴 田中柚里佳 宮崎翔太 清水昭博 風間トオル
主題歌:「つまさき金魚」歌:甲斐名都


金澤美穂さんのオフィシャルブログ「オレンジLife」
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/

金澤美穂さんプロフィールページ
http://avex-geinou.jp/newcommer/kanazawa/

エイベックス・ニュースター・シネマコレクション
http://avex-newstar.com/index.html

菱沼康介監督のブログ「菱沼康介の、丸い卵も切りよで四角。」
http://blog.goo.ne.jp/monndori

はじめての家出』の主題歌を担当する広沢タダシさんの公式サイト
http://www.hirosawatadashi.com/index.html

はじめての家出』出演の米村美咲さんのオフィシャルブログ「みさっ記」
http://ameblo.jp/yonemura-misaki/


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
今、宮崎あおいさんのトップランナーを見終わりましたー!! もう、放心状態になっています。あおいさんがあまりにも素敵で……

トップランナーの感想は、また書いていきたいと思います!


ところで、男子選手に交じってプレーする初の女性プロ野球選手となる吉田えりさんのことが、アメリカのYahoo!のトップページに一時掲載されていました!

下のページの紹介が、トップページに出ていました。(今現在でも、sportsのコーナーのトップページに出ています。)
http://news.yahoo.com/s/afp/20081117/sp_wl_afp/lifestylejapansportsbaseball_081117063048


記事のタイトルは、「Schoolgirl knuckleballer headed to Japan pro league」

少し引用しますと、

TOKYO (AFP) – A 16-year-old schoolgirl with a mean knuckleball has been selected as the first woman ever to play alongside the men in Japanese professional baseball.

Eri Yoshida was drafted for a new independent league that will launch in April, drawing attention for a side-armed knuckler that her future manager Yoshihiro Nakata said was a marvel.

とのことです。

いやはや凄いですね。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
来年の大河ドラマ『天地人』の伊達政宗役に、『篤姫』徳川家茂役の松田翔太さんの兄、松田龍平さんが決定したとの発表がありました。

また、今回発表では、杏(伊達政宗の妻愛姫)、松方弘樹(徳川家康)、木村佳乃(千利休の娘・お涼)、石原良純(福島正則)、中尾彬(毛利輝元)、宇津井健(前田利家)、富司純子(寧々)の出演が決定したとのことです。

これまでに決まっているキャストは、妻夫木聡(直江兼続)、常盤貴子(直江兼続の妻お船)、北村一輝(上杉景勝)、玉山鉄二(上杉景虎)、相武紗季(華姫)、比嘉愛未(菊姫)、阿部寛(上杉謙信)、小栗旬(石田三成)、深田恭子(淀)、上地雄輔(小早川秀秋)、吉川晃司(織田信長)、笹野高史(羽柴秀吉)、鶴見辰吾(明智光秀)、長澤まさみ(真田幸村の姉初音)。

それから、他にも、高嶋政伸、田中美佐子、小泉孝太郎、江波戸ミロ、吉瀬美智子、宍戸錠、山下真司、萬田久子、高島礼子、東幹久、葛山信吾、パパイヤ鈴木、松尾諭、松本実、新井康弘、山本圭、角田信朗、あき竹城、杉山俊介、富司純子、城田優、大出俊の出演が決まっています。

来年1月4日(日)が楽しみです。


篤姫』 第46回 「慶喜救出」は、本当に素晴らしかったです。感想はまた書いていこうと思いますが、「桜田門外の変」以降では一番良かったのじゃないかなと感じました。

視聴率は、24.3%で、日本シリーズ最終戦が裏にあった前回が22.6%ですので、上げましたが、11月に入った頃から、正直言って、視聴率的にはやや下降傾向にあるのかなという感じはします。

次回は、3連休の中日で在宅率が低く、条件は良くありませんが、なんとか踏みとどまって、やはり一度くらいは、30%を超えるところを見てみたいです。

今日深夜24:10からは、いよいよ宮崎あおいさんのトップランナーです! 楽しみです! ワクワクします!


それから、昨日、関西独立リーグの神戸9クルーズが、吉田えりさんをドラフト指名したという報道があり、ブログにも書きましたが、ある先輩にこの話をしたところ、その人もかわいい、かわいいと言っていて、大層気に入っている様子でした(笑) 確かにかわいいですねー。

吉田えりさんは、「素顔は身長155センチの、ほんわかした雰囲気の女子高生。プロ野球で活躍した水原勇気にあこがれる。『私もナックルで男の人を打ち取りたい』」とあります。

また、趣味はなんとギター演奏とのことですね。エレキなのか、アコースティックなのかはわかりませんが、まるでシンガーソングライターYUIさんのようです。

前回の記事で、デビュー当時の小泉今日子さんに似ていると書きましたが、ギターを演奏するということですと、身長はYUIさんと同じですし、YUIさんの印象にもかぶってきますね。

前回の記事はこちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-185.html

http://mainichi.jp/select/opinion/hito/news/20081117k0000m070096000c.html


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
吉田えりさんが、関西独立リーグ・神戸9(ナイン)クルーズからドラフト7位の指名を受けたとのことですね。
http://www.sanspo.com/baseball/news/081116/bsr0811161254001-n1.htm

吉田えりさんのことは、トライアウトで、1イニングを無安打に抑えるピッチングをして、ドラフト指名を受けそうだという以前の報道で注目していました。

ナックルボールを駆使して、打者を抑えるそうです。変化球のナックルは、ピンポン球でかけると、面白いようにかかります。昔よく、それで遊んでいました。

吉田えりさんは、凄く可愛らしい方で、何となく、デビュー当時の頃の小泉今日子さんに似ている感じがします。特に目が似ていますね。

それにしても、女性で、プロ野球の世界に飛び込んだその心意気、応援したいです。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
金澤美穂さんのブログが昨日も更新されました! 「晴れ 晴れ(*^∇^*)♪」

「今日もあったかいですねぇ」

確かに、あったかかったですねー。週間天気予報によると、今週後半から、凄く寒くなってくるとのことですので、用心したいです。


そして! 初めて、美穂さん主演の映画『はじめての家出』の話題が出ました!! 

「もうじき公開日なども発表出来るので楽しみにして下さい」とありますね。

うーん、タレントさんは、言いたくても、うかつには言えないことが多いので、本当に大変だと思います。

なので、僕が代わりに言ってしまいます!(笑) といっても、監督のブログの情報そのままなのですが……

はじめての家出』は、来年2月14日(土)、渋谷シアターtsutayaにて公開されます!


また、

11月16日(日)17:30~ 「はままつ映画祭 2008」 静岡県浜松市舘山寺サゴーロイヤルホテル

11月22日(土)17:50~ 「さぬき映画祭 2008」 香川県高松市サンポートホール高松

11月23日(日)15:10~ 「第18回映画祭 TAMA CINEMA FORUM」 東京都多摩市ヴィータホール(関戸公民館)

にてそれぞれ上映されます!


はじめての家出』は、金澤美穂、佐川大樹、斉藤リナ、米村美咲さん他出演、菱沼康介監督作品です。さっぽろ映画祭、はままつ映画祭のサイトに情報があります。こちらです。
http://www.sapporofilmfes.com/lineup/18.html
http://www.hamamatsu-eigasai.com/movie.html

「マイナビ」では、金澤美穂さんのインタビューが掲載されています。こちらです。
http://baito.mynavi.jp/user/html/contents/interview/20081104.html


美穂さんのブログでは、写真が掲載されていて、美穂さんのほか、菱沼康介監督、斉藤リナさん、米村美咲さん、田中柚里佳さん、宮崎翔太さんが写っていて、紹介されています。


それから、菱沼監督のブログが更新され、さぬき映画祭、TAMA映画祭の舞台挨拶に、強行スケジュールで行かれるとのことですね! 高松へは、行き帰りとも夜行バスとのことで、これはキツい! お体にはどうぞお気をつけください! 監督の情熱には感動しました。

11月15日(土)は、avexの社内試写があり、撮影を少し抜けて挨拶などに伺ったとのことです。美穂さんのブログの写真はこのときのものですね。


金澤美穂さんのブログ
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/

菱沼康介監督のブログ
http://blog.goo.ne.jp/monndori

美穂さん映画デビューの『容疑者Xの献身』の公式サイトはこちらです。この中で、美穂さんも登壇した、初日舞台挨拶の様子も掲載されています。
http://yougisha-x.com/


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2008.11.15.08:17
篤姫』 第45回 「母からの文」の感想の3回目です。前回の記事はこちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-180.html

さて、続きですが、

小の島(佐藤藍子)「わたくしは、島津家家老、小松帯刀の厳命により、まいりましてございます」
天璋院(宮崎あおい)「誰が願おうと、帰るわけにはいかぬ、わたくしは、徳川の人間として、この大奥を守る。わかってくれ、小の島、頼む」

滝山(稲森いずみ)と重野(中嶋朋子)が議論をしているところに、
唐橋(高橋由美子)が、「あのー」。

2回目の「あのー」では、「宮様にご相談申し上げてみてはいかがでしょうか」
滝山「宮様じゃと、それを言うなら宮様こそ、京にお戻りになるべきであろう」

静寛院(堀北真希)が映ります。そして、前に、篤姫の髪形のことで話をしていたときの効果音が流れます。

滝山、重野、唐橋が天璋院に薩摩に帰るよう説得をする。

天璋院「いいや、帰らぬ。そちたちこそが、わたくしの、家族であるからじゃ。もし、そちたちが嫌でなければな。これで本当に心が決まった。もし、薩摩が武力をもって向かってきたときは、わたくしも戦う。武家のおなごらしゅう、徳川宗家の嫁らしゅう、最後まで戦うまでじゃ」

ここの場面、そして、この後のお幸の場面では、大粒の涙がこぼれました。


それでは、続きはまたの機会にしたいと思います。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2008.11.14.07:18
篤姫』 第45回 「母からの文」の感想の2回目です。前回の記事はこちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-176.html

さて、続きですが、

小松帯刀(瑛太)とお近(ともさかりえ)は、今和泉島津家に行く。

お幸(樋口可南子)「あの子が薩摩に戻るなど、とても思えませぬ」
島津忠敬(岡田義徳)「しかし母上、このままでは、あやつの命も」
お幸「あの子はもう、徳川の人間です」
小松帯刀「しかし」
お幸「薩摩のおなごには、薩摩のおなごの筋の通し方というものがあるのです」


次に、小松帯刀は、島津久光(山口祐一郎)のところへ行く。

小松帯刀「天璋院様は、そもそも薩摩のために江戸においでになったお方です」
島津久光「うーん、それは、そうだなあ」
小松帯刀「せめて天璋院様だけは、お救い申し上げるべきだと存じます」
島津久光「わしに、何をせよと申すのだ」


小松帯刀「久光様から頂戴つかまつりました」
お幸「これは?」
小松帯刀「天璋院様に文を書いてもよいとのお許しでございます」


天璋院(宮崎あおい)は、母・お幸からの手紙を読む。

天璋院「母の思いはありがたいが、わたくしはここを離れるわけにはいかぬ」
小の島(佐藤藍子)「なにゆえにございますか」
天璋院「わたくしは徳川の人間だからじゃ」


それでは、続きはまたの機会にしたいと思います。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
容疑者Xの献身』で映画デビューをした、金澤美穂さん主演の映画『はじめての家出』の公開日が、菱沼康介監督のブログによりますと、決定したとのことですね!

2009年2月14日(土)! (渋谷シアターtsutaya)

なんと! 2月14日ですか! ということは、宮崎あおいさん主演『少年メリケンサック』と同じ日ではありませんか! これは凄いことになりそうです!

僕は関西在住ですが、この日の東京行きケッテイ!(笑)

おそらく両方とも、舞台挨拶があると思われるので、自分のスケジュール調整が難しそうです(笑)


それから、以前に記事に書きました11月23日(日)「18th 映画祭TAMA CINEMA FORUM」では、監督と握手をさせていただくことができるとのことです!(笑) 大変光栄で、嬉しいです!(笑)

監督のブログによりますと、金澤美穂さんと握手することができるかもしれないとのことですが、それはもう、緊張しすぎてしまいますよー。僕のようなオッサンでもいいのでしょうか?? 僕は美穂さんのお父さんより年上だし(笑) いやぁ、実際かなり照れるなあ(笑) 僕は小心者なので、その場の雰囲気によっては、そんなことはできないかもしれません(笑) まあ、出たとこ勝負でがんばります!(?)(笑)


あ、言い忘れていました。ちょうどその時期、宮崎あおいさんの舞台「その夜明け、嘘。」が上演されているのです! これは忙しいことになりそうです! 嬉しい悲鳴ですね!

その夜明け、嘘。」は、2009年2月7日~22日、東京・青山円形劇場にて上演。福原充則脚本・演出。


金澤美穂さんのブログ
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/

菱沼康介監督のブログ
http://blog.goo.ne.jp/monndori

その夜明け、嘘。」の公演スケジュールはこちらです。
http://www.sonoyoake.com/


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
ここ1~2週で、映画『トウキョウソナタ』、『東南角部屋二階の女』、『イエスタデイズ』、『秋深き』、『天国はまだ遠く』を鑑賞しました。


トウキョウソナタ』は、香川照之、小泉今日子、小柳友、井之脇海、井川遥、津田寛治、児嶋一哉、役所広司出演、 黒沢清監督作品です。

トウキョウソナタ』、特に前半が凄く良かったです。この映画の世界にスーっと入っていきたいような気持ちになる、惹き込まれるような魅力的な世界が展開されていました。

小泉今日子さん演じる母親は、まさに理想的な母親ですね。子どもに対し、包み込むような愛情が感じられました。厳しく接する場面もありましたが、愛情あるからこそ、という想いが痛いほど感じられました。

母は、長男がアメリカの軍隊に入るということに、積極的には賛成はしないものの、出発のときには来てくれました、長男が母に敬礼をするシーンが良かったです。

長男が母に、「離婚しちゃえば?」という気持ちもよくわかりました(笑) 小泉今日子さん演じる母親を、心から応援したくなるような気持ちになりました。

それから、次男を演じる井之脇海クンの存在感が抜群でした。


東南角部屋二階の女』は、西島秀俊、加瀬亮、竹花梓、塩見三省、高橋昌也、香川京子、大谷英子、赤堀雅秋、浜田晃、利重剛出演、 池田千尋監督作品。

東南角部屋二階の女』は、本当に、予想を超えて面白かったです。スクリーンに惹き込まれました。

格別大きなことが起こるというわけでもないのですが、特に、竹花梓さん演じるキャラクターが、普通の人っぽいというのか、ごく普通の庶民の普通の不満や愚痴を語っていて、とても感情移入できました。西島秀俊さんのかっこ良さは相変わらずでしたね。


イエスタデイズ』は、塚本高史、國村隼、和田聰宏、原田夏希、カンニング竹山、蟹江一平、中別府葵 、柳沢なな、ヒロシ、酒井法子、高橋惠子、風吹ジュン出演、 窪田崇監督作品。

イエスタデイズ』は、主人公が、過去の世界に舞い降りてしまうという物語ですが、この映画を見ていて、薬師丸ひろ子さん主演で有名な映画、『ねらわれた学園』の原作者でSF作家の眉村卓さんの世界観のような雰囲気を感じました。

また、塚本高史さん出演で、湘南を舞台にした映画といえば、YUIさん主演の映画『タイヨウのうた』を思い出します。映画『タイヨウのうた』は、本当に素晴らしい作品で、主要なロケ地には訪れましたし、ロケ地に行ったときには、全身が震えるような感動を覚えました。

眉村卓さんは昔から大好きな作家で、学生時代は、むさぼるように読んでいました。

『篤姫』でのお琴役の原田夏希さん出演の映画を見るのは初めてでしたので、とても新鮮な感覚がしました。

酒井法子さんは、大学の事務員の役で、少しだけ出演していました。


秋深き』は、八嶋智人、佐藤江梨子、赤井英和、渋谷天外、山田スミ子、和泉妃夏、鍋島浩、別府あゆみ、要冷蔵、芝本正、轟太郎、橋野香菜、海原はるか、海原かなた、佐藤浩市出演、 池田敏春監督作品。音楽は、『マルサの女』などの本多俊之。

秋深き』では、八嶋智人さんと佐藤江梨子さんは、夫婦の役で、妻の佐藤江梨子さんが凄く魅力的で、八嶋智人さんはいいなーと思って見ていました。この映画での佐藤江梨子さんのようなお嫁さんがいたらなあーと思いました。


天国はまだ遠く』は、加藤ローサ、徳井義実、河原さぶ、絵沢萠子、郭智博、宮川大助、南方英二、藤澤恵麻、板東英二出演、長澤雅彦監督作品。原作は、 瀬尾まいこ。

主人公の加藤ローサさんは、天橋立のある京都府の宮津地方で、自殺を図る役ですが、この映画は、それほどシリアスという感じはしませんでした。コメディータッチな部分もあり、加藤ローサさんのある意味“天然”なキャラクターがとてもかわいく、魅力的でした。

加藤ローサさん演じる主人公の描いた絵が出てくる場面では、思わず笑ってしまいました。その絵は、良く言えばゴッホのような独創的な絵なのですが、悪く言えば、幼稚園児が描いたような絵画。その絵を、飾っておいたら? などと言うのですから、主人公の“天然”ぶりがたまりませんでした(笑)


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
容疑者Xの献身』で映画デビューをした金澤美穂さんのブログが更新されています。 「おにごっこε=┏(; ̄▽ ̄)┛」

それにしても、美穂さんのブログは、このところずっと毎日更新されていて、本当に毎日楽しみです。


「おにごっこε=┏(; ̄▽ ̄)┛」では、「お昼休みに友達と外でおにごっこしました  おにごっこ 美穂のマイブームなんですよ」とのことです。

おにごっこですかぁ。美穂さんのブログを読んでいると、本当に昔に返れるようで、心洗われる気持ちになります。

美穂の学校は明日からTestなんですよぉ  今 英語のワークがんばってます  英語は苦手なんですけど好きなんですよね」とありますね。

美穂さんの家庭教師になりたいなあと思いましたねー(笑)


「いたぁーいo(T□T)o」では、インフルエンザの予防接種をしたとのことですね。


「(ノ>д<)ノ寒ぃ~冬?!」では、家庭科の調理実習があったとのことです。また、江野沢愛美さんの早稲田アカデミーのポスターの写真が掲載されています。


「曇りときどき雨* ̄0 ̄)ノ」では、美穂さん所属の事務所、avexの本社に行ってきたとのことです。また、美穂さんは、タンブラーを集めるのが好きで、『Mr. Men Little Miss』キャラクターのタンブラーと手帳を買ったとのことです。


「今日は曇り空\(~o~)/」では、アナウンスとウォーキングのレッスンをしたとのことですね。


それから、僕は、とうとう、美穂さんのブログにコメントをしてしまいました! 美穂さんは明日からTestとのことですので、がんばってほしいなぁと思い、コメントをしました。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2008.11.12.07:41
昨日は、僕のブログへアクセスしていただいた方が、腰を抜かすほど多くて、本当に驚きました。普段の3~4倍ぐらいでした。

宮崎あおいさんが出演される舞台の題名で、なぜか、グーグルの一般検索でしばらく検索順位が1位になっていたからなのですが、それにしても、朝、急いで書いたブログ記事、新聞報道以上の情報は何もないブログ記事なのに、なぜ一般検索で1位になったのか??、首をひねるばかりです。


さて、『篤姫』 第45回 「母からの文」です。視聴率は、22.6%でした。前回「龍馬死すとも」が23.5%でしたので、下げましたが、裏に日本シリーズ最終戦があったのに、22.6%もあったとは、やはり凄いですね。次回は、3連休の中日でもないですし、日本シリーズも終わりましたので、25%ぐらいには、回復しそうです。

本編ですが、

薩摩の小松家では、小松帯刀(瑛太)が、ジョン万次郎(勝地涼)に薩摩に残るよう説得していたが、ジョン万次郎は土佐に帰ることにした。


ひと月ほど前、

大久保一蔵(原田泰造)「大政奉還で、政権を朝廷に返上したっちゅうても形ばかり」
西郷吉之助(小澤征悦)「小松様、日本を変えるには、徳川家を討たんにゃならんとでごわす」
小松帯刀「慶喜公に辞官納地を求めてみたらどうでしょうか」


王政復古が宣言される。

徳川慶喜(平岳大)「岩倉と薩摩の者どもか」
松平春嶽(矢島健一)「ここは、なにはともあれ、朝廷の命に従ってください」
徳川慶喜「徳川の領地は帝より預かりしものにあらず。徳川が自力で勝ち得たもの。それ返せとは理にかなわぬ」


数日後、江戸では、

天璋院(宮崎あおい)「天下を治め、朝廷をあがめてきた徳川家の働きを思えば、官位取り上げたうえ、領地を差し出せとは、あまりにもひどいとは思わぬか」
勝麟太郎(北大路欣也)「仰せのとおりにございます」


それでは、続きはまたの機会にしたいと思います。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2008.11.11.07:39
宮崎あおいさんが、舞台「その夜明け、嘘。」に主演するとのことですね!

来年2月7~22日、東京・青山円形劇場にて。

「星の王子さま」再演以来3年半ぶりの舞台。

─「その夜明け、嘘。」は次世代の作家として注目される劇団「ピチチ5」主宰の福原充則氏の脚本・演出で、吉本菜穂子(31)、六角精児(46)との3人芝居。深夜の環状7号線で繰り広げられるコメディータッチの群像劇で、3人が複数の役を務める。─ とあります。

あおいさんは、「3年半ぶりの舞台でどこまで遊べるかなと、今から楽しみにしています。青山円形劇場の350人のお客様と一緒に、作品を作っていけたらと思っています」とのことです。

本当に楽しみです! 絶対に行ってみたいと思っています!

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20081111-OHT1T00015.htm


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
容疑者Xの献身』で映画デビューをした、金澤美穂さん主演の映画『はじめての家出』が、11月23日(日)に、多摩での映画祭「第18回映画祭TAMA CINEMA FORUM」にて上映されるとのことですね!

今回は、なんと、予定では美穂さんの舞台挨拶があるとのことです! 凄いですね!

僕は、菱沼康介監督のブログで、このことを知り、その瞬間にローソンに走り、チケットを取得しました。

僕は関西在住ですので、またたくさんお金(交通費)がかかってしまうな~(笑)、このところ、毎月のように東京に行っていて、こんなことでいいのかなあ、お金を使い過ぎでは(笑)と思いながらも、このような機会は滅多にないこと、行かないという選択肢は考えられないと思っています。

東京へは、最近、宮崎あおいさんの『闇の子供たち』、東京国際映画祭での『少年メリケンサック』の舞台挨拶に行っています。

それにしても思うのは、ああ、東京に住みたい! ということ。僕は、生まれも育ちも関西で、関西地方以外に、これまで住んだことがありません。

関西は関西で、比較的コンパクトにまとまっていて住みやすいですし、現在は斜陽かもしれませんが、10~30年ぐらい前までの、過去の繁栄の遺産のようなものがあって、割合とインフラが整っています。また、人口が減っていることもあって、車も電車も、混みようは、首都圏に比べればずっとましではないかなと思います。

文化施設も、京都、大阪、神戸、それぞれに美術館が多くて、美術的な面は、不満はありません。また、いい美術展が頻繁に開催される名古屋に近いというのも、美術的な面では強みです。

しかし、映画の関連では、はっきり言ってダメダメですね。関西では上映しない映画も多く、上映するとしても、首都圏より何週も遅れるということは当たり前です。また、舞台挨拶なんて、滅多にあるものではありません。まして主演の方の舞台挨拶なんて……


まあ、愚痴はこれくらいにして、金澤美穂さんのことです!

美穂さんのブログは、このところ本当に毎日更新されていて、いつも楽しみです。何と楽しいブログなのでしょうか♪


それから、調べましたら、会場のヴィータホール(関戸公民館)は、収容人員が、206名しかありません。こんなに少ないのでは、チケットはあっと言う間に売り切れてしまうのではないかと思われます。う~ん、少な過ぎでは??

はじめての家出』は、11月22日(土)に、香川県高松市での「さぬき映画祭」でも上映されます。

ヴィータホールのある京王線聖蹟桜ヶ丘駅周辺は、映画『耳をすませば』のモデル地になったところですね。以前YUIさんのライブで東京に行ったときに、『耳をすませば』のモデル地は、ぜひとも見ておかねば、と思い立ち寄ったことがあります。『耳をすませば』は本当に心に残る映画でした。

金澤美穂さんのブログ
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/

菱沼康介監督のブログ
http://blog.goo.ne.jp/monndori

第18回映画祭TAMA CINEMA FORUM
http://www.tamaeiga.org/


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2008.11.09.19:40
篤姫』 第44回 「龍馬死すとも」の感想の4回目です。前回の記事はこちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-172.html

さて、続きですが、坂本龍馬(玉木宏)の死が、薩摩の小松帯刀(瑛太)に知らされる。


江戸では、

勝麟太郎(北大路欣也)「わたしの大切な弟子が、京都で、死にました。斬り殺されたのです」
天璋院(宮崎あおい)「なんと」
勝麟太郎「坂本龍馬という男でした。坂本は、薩摩の小松様の盟友でもございました。同じ年の生まれだったとも聞いております」
天璋院「わたくしとも、同い年ということか」


最後のクライマックス、天璋院が大奥の皆の前で話すところです。

天璋院「大奥は安泰である。幕府に我らを守る力がない今、これより、大奥と徳川家は、この天璋院が守ってまいる。天下の形勢、人の思惑に左右されるのは、今日を限りにやめとする。大奥を守るためならば、一命に賭けても、わたくしが戦う。それを伝えておきたかったのじゃ」

静寛院(堀北真希)「母上様、わたくしも、徳川に嫁いだ身。母上様とともに戦う覚悟は、できております」
天璋院「皆の者、聞いたであろう。大奥は、わたくしと宮様が、守ってまいる」
本寿院(高畑淳子)「わたくしだって、戦う覚悟ぐらい」
歌橋(岩井友見)「本寿院様」
天璋院「聞いたか、母上様もかように仰せくださっておる。このこと、下々の者にまで伝え、安心させてやってもらいたい。よいな」

力強く頷く静寛院。


最後のクライマックスの場面、さすが天璋院! と思い、目頭が熱くなりましたね。良かったです。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング

2008.11.09.06:02
篤姫』 第44回 「龍馬死すとも」の感想の3回目です。前回の記事はこちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-169.html

さて、続きですが、京都では、

徳川慶喜(平岳大)「案ずることはない、国政をつかさどる知恵も力も朝廷にはあらず。いずれ我ら徳川に泣きついて来よう」
松平春嶽(矢島健一)「そうでしょうか」


坂本龍馬(玉木宏)「幕府の後を誰が引き受けるか思うて、その顔ぶれを考えたがじゃけんど」
小松帯刀(瑛太)「坂本さんの名がないではないですか」
坂本龍馬「わしはええき」
お琴(原田夏希)「前に、お龍さんが言うといやしたわ」

お龍(市川実日子)「あの人はなーんも欲がない。そやさかい、何をするのか、わからしまへんのどす」


大久保一蔵(原田泰造)「こんままでは、なんも変わらんち、おいは思いもす」
岩倉具視(片岡鶴太郎)「変わりまへんなぁ」
西郷吉之助(小澤征悦)「おいたちには、何としても、幕府を滅ぼすちゅう気概が欠けておったとじゃ」


そして、近江屋において、坂本龍馬と中岡慎太郎(天原まさみち)は、暗殺されてしまう。


それでは、続きはまたの機会にしたいと思います。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング

先日、映画『ハンサム★スーツ』、『ホームレス中学生』を鑑賞しました。

ハンサム★スーツ』は、谷原章介塚地武雅北川景子、佐田真由美、池内博之、大島美幸、本上まなみ、山本裕典、ブラザー・トム、温水洋一、中条きよし、伊武雅刀さん出演、鈴木おさむ脚本、英勉監督作品です。

面白かったです。本当に素直に笑えました。

そして、映画の中で、佐野元春さんの「SOMEDAY」が流れているところや、ラストのところでは、涙が出そうにもなりました。

笑えて、泣ける、エンタテインメントの王道を行くような映画でしたね。

この映画の主題歌は、小室哲哉さん作曲、渡辺美里さんの「My Revolution」ですが、元気が心の底からわいてくるような、本当にいい曲ですね。

僕は、小室哲哉さん作曲の曲は、大好きな曲が多く、普通、ミュージシャンの方で、心に残るようないい曲は、一生に1曲か、多くても数曲ぐらいしか、なかなか書けないと思うのですが、小室哲哉さんは数え切れないほどの素晴らしい曲を残していて、本当に凄いなあと思います。


特に好きな曲は、「My Revolution」の他に、

TM-NETWORKでは、「GET WILD」。

trfでは、「寒い夜だから…」、「survival dAnce ~no no cry more~」、「BOY MEETS GIRL」。

globeでは、「Feel Like dance」、「Joy to the love」、「SWEET PAIN」、「FREEDOM」、「FACE」、「Wanderin' Destiny」。

安室奈美恵では、「Body Feels EXIT」、「You're my sunshine」、「a walk in the park」、「CAN YOU CELEBRATE?」。

華原朋美では、「I BELIEVE」、「I'm proud」、「Hate tell a lie」。

小泉今日子では、「Good-Morinig Call」。

観月ありさでは、「Happy Wake Up !」。

鈴木あみでは、「love the island」、「BE TOGETHER」。

TRUE KISS DESTINATIONでは、「GIRLS BE AMBITIOUS!」などがありますが、好きな曲は、まだまだ、まだまだあります。


それから、『ホームレス中学生』ですが、

ホームレス中学生』は、小池徹平、西野亮廣、池脇千鶴、イッセー尾形、古手川祐子、黒谷友香、宇崎竜童、いしだあゆみ、田中裕子出演、古厩智之監督作品です。

古厩智之監督は、宮崎あおいさん主演の連続ドラマ『ケータイ刑事 銭形愛』の第4話と第20話の監督もされています。

僕は、以前から、池脇千鶴さんは好きで、池脇千鶴さんの映画は、『ジョゼと虎と魚たち』、『犬と私の10の約束』、『丘を越えて』、『20世紀少年 第1章』を見ています。

この映画でも、池脇千鶴さんは本当に良かったです。古手川祐子さんも、優しそうなお母さんの雰囲気が凄く表れていました。池脇千鶴さんは、『20世紀少年 第1章』では、コンビニ店員の役で、少しだけ出演していますが、その役柄の池脇千鶴さんもとても良かったです。

ホームレス中学生』の中では、モノレールがよく登場しています。僕は、この作品を、沖縄でもロケをしているというのは知らず、大阪モノレールとは違ったデザインで、しかも2両のモノレールが頻繁に出ていて、あれ? こんなモノレールは見たことがないなあと思っていました。沖縄のゆいレールだったのですね。

また、『ホームレス中学生』とは別に、『ホームレスが中学生』という映画もあり、僕は気に入って、2回鑑賞しました。

ホームレスが中学生』は、うつのみや八郎、蛭子能収、和希沙也、パッション屋良、阿藤快、石崎直、望月美寿々、椿直さん出演、城定秀夫監督作品です。

ホームレスが中学生』を、最初に見たときの僕のブログ記事はこちら、
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-155.html

2回目に見たときの記事はこちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-159.html


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2008.11.08.00:49
容疑者Xの献身』で映画デビューをした、金澤美穂さんのブログが更新されています。「早Xmas\(~δ~)/」

美穂さんのブログは、このところずっと毎日更新されていて、見るのがとても楽しみです。美穂さんのブログは、本当に心洗われます。

友達とカラオケに行ってきて、Do As Infinityの『本日ハ晴天ナリ』などを歌ったとのことですね。

「『本日ハ晴天ナリ』っていう歌 凄く好きなんですよ  美穂のお気に入りです  よかったら聞いて見て下さい」とありますね。

『本日ハ晴天ナリ』は、今まで、聴いたことがなかったので、早速聴いてみますと、ノリが良くて、カラオケにはぴったりの曲ですね。

僕は、Do As Infinityの中では、『冒険者たち』が特に好きですね。

また、サンタさんの帽子がついたトナカイの角を買ったとのことです。

そのトナカイさんの角をプーさんにつけてみたという写真が掲載されています。

美穂さんのブログを読んでいると、美穂さんのような妹がいて、楽しそうに「今日はこんなことをしたよ! こんなのを買ったよ!」という話をしているのを、ニコニコしながら聞いている兄貴、というような気持ちになってきますね。とても楽しいブログです。

金澤美穂さんのブログは、こちらです。
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2008.11.07.07:35
篤姫』 第44回 「龍馬死すとも」の感想の2回目です。前回の記事はこちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-165.html

それにしましても、大きなニュースがありましたね。2010年の大河ドラマ『龍馬伝』の主役、坂本龍馬役に福山雅治さんが決まったとのことですね。凄く楽しみです。


さて、続きですが、伏見の寺田屋では、

坂本龍馬(玉木宏)「今、土佐の後藤象二郎(古本新乃輔)いう男が、この策を大政奉還いう名目でまとめよるき」
小松帯刀(瑛太)「大政奉還……」


西郷吉之助(小澤征悦)「もしも、大政奉還の建白が受け入られんかった場合は」
大久保一蔵(原田泰造)「そんときこそ、朝廷は幕府を日本国の敵として、討幕の勅命を出すことができる」


大奥では、

天璋院(宮崎あおい)「大政奉還?」「ならば、幕府はどうなるのじゃ? 幕府はいらなくなるということか」
滝山(稲森いずみ)「詳しくはわかりかねますが、政を一手に握ってきたこれまでとは、立場が変わってしまうのは、確かでございましょう」

唐橋(高橋由美子)「滝山さまのお口から、そのようなお言葉を聞きましょうとは」
重野(中嶋朋子)「そうでなくても、中臈たちの不安を鎮めるのに苦労しておりますのに」


京・二条城では

徳川慶喜(平岳大)「聞こう」
小松帯刀「皇国の御ためを思えば、幕府は一刻も早く、大政を奉還すべきと存知奉ります」


大奥では、

滝山「公方様が、大政を奉還あそばされましてございます」

そこへ、本寿院(高畑淳子)がやってくる。

本寿院「聞きましたぞ。大政奉還とはなんたること」
歌橋(岩井友見)「でも我らにこの江戸城ある限り、幕府も大奥も安泰なのでは」
本寿院「そなたは馬鹿者か! このままでおられるわけがないではないか!」
歌橋「それではまた、戦国の世に逆戻りになるということなのでございましょうか!」

土御門藤子(竹本聡子)「庭田さんはどないお思い」
静寛院(堀北真希)「庭田、大事ないか」
庭田嗣子(中村メイコ)「いやー、観行院さんがおいでやした。帝まで」

庭田嗣子は亡くなる。


それでは、続きはまたの機会にしたいと思います。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2008.11.06.07:39
Cut 11月号のあおいさんのエッセイ、「宮崎あおいの日々のあわ」です。


篤姫』で、瑛太さんとの最後のシーンの撮影があったとありますね。

瑛太さんは、演技において、素直に自分の感情を乗っける人で、あおいさん自身も、あまり頭で考えるタイプではないとのことで、一緒にお芝居をしていると、すごく心地いいとのことです。


それから、おじいちゃんの家にひとりで遊びに行ったそうです。

おじいちゃんは、普段は補聴器をつけないのに、日曜日になると、補聴器をつけて、『篤姫』を観てくれるとのことです。

「それがすごく嬉しくて。1年間かけて毎週観ることができる作品なんて大河ドラマしかないから、そういう意味でも『篤姫』をやってよかったなあって思います」


鈴乃屋・清鈴苑きものショーのことについても話題があります。8月31日のことですね。僕のブログでも触れていますね。こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-84.html

また、毎日新聞の記事はこちらです。
http://mainichi.jp/life/fashion/graph/20080831/index.html


雑誌の取材で、ノルウェーのオスロに行ったときの話もあります。このことは、月刊現代10月号の室井滋さんとの対談で初めて知りました。そのことのブログ記事はこちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-103.html


また、『篤姫』のスタッフの方からいただいたという、大きなスイカと一緒に写っている写真がありまして、その下に、「大好きなスイカをいただきました。もう夏も終わり、大好きな冬だぁー」とのコメントがあります。

僕は、暑いのがとにかく苦手で、季節的には冬の方が好きで、“大好き”とまではいきませんが、それでもあおいさんと同じですので、嬉しく思いました。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。