FC2ブログ
--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.31.23:25
金澤美穂さん出演の『RESCUE~特別高度救助隊』第2話を見ました。もの凄く良かったです。

やはり美穂さんは本当にいいですね。素晴らしかったです。


金澤美穂さんの表現力で、ぐいぐいと話に引き寄せられ、心から感情移入することができました。

緊迫感がありました。

ドラマの最後の方では、涙が出そうになりましたよ。


本当に、ますます美穂さんのファンになりました。

金澤美穂さん主演の映画『はじめての家出』の公開が、いよいよ再来週に迫っています。2月14日(土)から、渋谷シアターTSUTAYAでの公開です。


金澤美穂さんのオフィシャルブログ「オレンジLife」
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
スポンサーサイト
AERA '08.12.29-'09.1.5号では、宮崎あおいさんのグラビアとインタビューが掲載されています。


まず、『篤姫』の撮影終了後に、テレビ番組の収録で、アフリカ・ルワンダを訪れた話があります。この番組は、3月1日(日)16:05~放送の「宮崎あおい、心にしみるアフリカ~生命輝く大地・ルワンダ~」です。

あおいさんは、かねてから「学校を建てたい」ということをおっしゃっていましたが、今回、社会がそれを生かせる場所を提供してあげなければ、根本的な解決には至らないということを学んだとのことです。


それから、『闇の子供たち』の話があり、あおいさんが演じたNGOスタッフの役は、出来上がった映画を見てみると、「なんて空回りしているんだろう」と思ったとのことです。

しかし、『篤姫』は違って、「お芝居を越えた部分で、私の中に篤姫様がいて、この1年2ヵ月、ずっと支えていてくれたような気がします」。そして『少年メリケンサック』の話も少しありました。


あおいさんのお母さんの話では、お母さんは、誰にでも優しい人であったが、あおいさんが子どものころには、厳しい一面もあったそうです。

最後に「人に優しい人間でありたいです。女優としての仕事とはまったく別のものだけど、『学校を作りたい』という活動も、これからずっとかかわっていきたいと思っています。一歩一歩、ゆっくりかもしれないけど、着実に進んでいっている気がするので」と語っています。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
興行収入(興収)は、日本映画が前年比22・4%増の過去最高を記録したとの報道がありました。
http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/news/f-et-tp1-20090129-455179.html

「『崖の上のポニョ』が大きな数字を挙げて(日本映画の)けん引力となった」とのことですね。


ところで、僕は、『崖の上のポニョ』は見ていませんので、何とも言いようがないのですが、ここ数作の宮崎駿さん監督の作品は、本当に、本当に、本当に、面白いのでしょうか?????


『ルパン三世 カリオストロの城』、『風の谷のナウシカ』、『天空の城ラピュタ』は、面白くて面白くて、その上、感動して、もう、これ以上はないというほどの最高傑作だと感じていました。

これらの作品は、心の底から面白いと感じ、何度見ても何度見ても、その面白さは色あせることはありません。今でも、それぞれのシーンが頭に浮かんできます。

『となりのトトロ』、『魔女の宅急便』も面白かったです。


ところが、“宮崎アニメ”ということで、期待して、『もののけ姫』を見ましたが、正直言って全然面白く感じませんでした。

『千と千尋の神隠し』も今一つに思いました。

というのも、主題についてはよくわかるのですが、それがあからさま過ぎて、説教臭く感じてならないのです。

『ハウルの動く城』、『崖の上のポニョ』は、もう、見てさえもいません。


巨匠の名をほしいままにしている宮崎駿氏ですが、作品の面白さは、名前の巨大さに反比例しているような気がしてなりません。

映画、あるいは映画に限らずですが、作品というのは、“名前”ではなくて、やはり、作品そのもののクォリティが重要じゃないのかなあということを思いました。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
金澤美穂さんのオフィシャルブログにて報告がありました。

映画『60歳のラブレター』に出演決定とのことですね。

映画『60歳のラブレター』は、住友信託銀行で、感謝の気持ちや今だから言える一言を、はがきで募集していた企画が元となっているようですね。

今年の5月の公開です。


60歳のラブレター』は、中村雅俊、原田美枝子、井上順、戸田恵子、イッセー尾形、綾戸智恵、星野真里、内田朝陽、石田卓也、金澤美穂、佐藤慶、原沙知絵、石黒賢出演、深川栄洋監督作品です。脚本は、『ALWAYS 三丁目の夕日』の古沢良太。

公開が本当に楽しみです。


金澤美穂さんのオフィシャルブログ「オレンジLife」
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2009.01.27.23:23
天地人』 第4回 「年上の女」

まだ、人物関係が完全に頭に入っていませんので、NHKの公式サイトの登場人物関係図を見ながらの鑑賞です。

進展がありましたね。上杉景勝(北村一輝)の妹・華姫(相武紗季)と上杉景虎(玉山鉄二)が夫婦となりました。

樋口兼続(妻夫木聡)とお船(常盤貴子)とは、今後、どのような紆余曲折があるのでしょうか。初音(長澤まさみ)も登場しました。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
佐藤浩市志田未来主演 『誰も守ってくれない』を鑑賞しました。

もの凄い作品ですね。特に前半、あまりの衝撃に、身動き一つできませんでした。

後半では、前半にも増して、色々なことが志田未来、そして佐藤浩市に降りかかってきます。

ですので、リアリティという点では、かえって、いい意味での薄れを感じました。そのため、「これは、映画なんだ。映画の世界なんだ」と自分に言い聞かせることのできる心の余裕ができ、冷静さを取り戻して、ほっとした気持ちになりました。

それくらい気持ちがのめりこんでいました。

松田龍平さん、佐々木蔵之介さんもとても良かったです。


本当にいい映画でした。

僕は、仕事のため、なかなか時間的余裕なく、平日の連続ドラマは、ここ数年はほとんど見ることができていません。

ですので、志田未来さんが出演していたドラマも見ていませんでした。志田未来さんの作品は、この映画が、満を持して、初めて見た作品です。

志田さんは本当に凄いですね。佐藤浩市さんにもそうですが、完全に志田未来さんの感情に入り込んでいる自分がいました。

それにしても、志田未来さんは、本当に完璧な、魅力溢れる容姿をされているなあと思いました。

志田未来さんが出演したこれまでの作品も、今後、できる限りDVDなどでさかのぼって見ていきたいと思いました。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
金澤美穂さんが、『RESCUE~特別高度救助隊』の第2話の予告に登場しました。

1月31日(土)の第2話に出演します。公式サイトのあらすじによりますと、井川(石黒英雄)の妹・美香役とのことですね。

「そんな折、井川の妹・美香 (金澤美穂) がホール火災に巻き込まれ、大地と井川は駆けつける」とあります。

次回が本当に楽しみです。


それにしても、このドラマは出演者が豪華ですね。

夏八木勲、石橋凌、石黒賢、山下真司、矢島健一、山本耕史、奥貫薫。そうそうたる顔ぶれです。

それから、出演者の中では、市川由衣さんが、特に印象に残りました。佐藤二朗さんも出演していました。


金澤美穂さんのオフィシャルブログ「オレンジLife」
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/

金澤美穂さんのプロフィールページ
http://avex-geinou.jp/newcommer/kanazawa/index.html


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
昨年の大晦日に、映画『歩いても 歩いても』を劇場にて鑑賞しました。

『歩いても 歩いても』は、本音の部分と建前の部分が非常にストレートに表されていました。

これほど鮮烈に、本音・建前を表現した作品は、そうそうないように思いました。

最初、心からの善人かなと思っていた人が、そうではなかったり、口は悪い人が、本当は温かい心の持ち主だったりという逆転現象が終盤にはありました。とは言っても、多面的な心を描いているのですが。

また、YOUさんの夫役の高橋和也さんは、人の気持ちをあまり、おもんばかることのできない繊細さに欠けた人物として描かれていました。

それから、ゴンチチ担当の音楽がとても良かったです。

非常に心に残る作品でした。ですので、昨年公開で、昨年見た映画の4つ星の作品に追加しておきたいと思います。限りなく5つ星に近いかと思いましたが、とりあえずは4つ星とさせていただきました。

『歩いても 歩いても』は、阿部寛夏川結衣、YOU、高橋和也、寺島進、樹木希林、原田芳雄出演、是枝裕和監督作品です。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
宮崎あおいさんがルワンダを訪れたドキュメンタリー番組、「宮崎あおい、心にしみるアフリカ~生命輝く大地・ルワンダ~」(3月1日(日)午後4時5分放送)の制作発表が行われたとの報道が、昨日からありました。

ただ、昨日ブログ記事を書いた時点では、写真入りの報道記事はなかったように思います。

制作発表時の写真のあるサンケイスポーツ
http://www.sanspo.com/geino/news/090123/gnj0901230500005-n1.htm

記事が特に詳しい中日スポーツ(番組一場面の写真もあり)
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2009012302000161.html

──「役者としてではなく一個人として興味を感じた。(結果として)役者としてのプラスもあるかもしれないが、まず『宮崎あおい』として感じて伝えたい。きちんと伝えたい」と自分が感じた視点で伝えることを強調した。── とありますね。

あおいさんは、非常に感性が鋭く、深いところを掘り下げて見て伝えると思いますので、通り一遍のうわべだけの番組にはならないであろうことは、間違いないと思います。詳しい記事を読むと、ますますこの番組が楽しみになってきました。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
宮崎あおいさんがルワンダを訪れたドキュメンタリー番組、「宮崎あおい、心にしみるアフリカ~生命輝く大地・ルワンダ~」(3月1日(日)午後4時5分放送)の制作発表が行われたとの報道がありました。
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK200901220093.html
http://www.daily.co.jp/newsflash/2009/01/22/0001667217.shtml

篤姫が私の中で大きかったので、すぐにお芝居の仕事に戻るのは難しいと思っていた。自分の中を整理するのにいいタイミングで行けました。宮崎あおいとして感じてきたことを伝えるのが私の役目」とのことですね。

3月1日が待ち遠しいです。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2009.01.21.23:35
天地人』 第3回 「殿の初恋」

登場人物が多くなってきましたね。最初見て、人物関係がチンプンカンプンでした(笑)

それで、公式サイトの登場人物関係図をじっと見て、改めて第3回を見ました。なんとか理解できました(笑)

樋口兼続(妻夫木聡)と、上杉景勝(北村一輝)の妹の華姫(相武紗季)が、仲が良くていい雰囲気でしたね。

景勝の初恋の相手がお船(常盤貴子)でしたが、後には、兼続と夫婦になるのですね。今後どうなっていくのでしょうか。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
エイベックス・ニュースター・シネマ・コレクションのリレーブログでは、2回連続で金澤美穂さん主演の映画『はじめての家出』の話題ですね。
http://ameblo.jp/avex-newstar/


今回は、共演の斉藤リナさんがブログ記事を書かれています。

金澤美穂さんの究極の天然さについての話ですね(笑)


斉藤リナさんとの会話で、卵焼きの話になったとき、美穂さんは、「卵焼きってなあに?」と言ったそうです。

リナさんが解説をすると、美穂さんは、「あぁ!あの黄色いのかあ!そうだ!美穂忘れてた!」。


──満足気そしてのほほんとしている美穂を見て

良い意味でツッコミを入れる気にならなかった私はひたすら

彼女の天然さとその瞬間の美穂の表情のかわいさとを交互に身をもって感じていました── とのことです。


いやぁ~、美穂さんって、人のココロをわしづかみにして離さない、魅力満ち溢れた“天然っ娘”ですねぇ(笑)

このエピソードから察するに、金澤美穂さん、米村美咲さん、斉藤リナさんの3人の中では、やはり、美穂さんの天然パワーが一番破壊力がありそうですね(笑)


それにしましても、斉藤リナさんはとても文章がお上手ですねー。そのときの“間”や雰囲気が、臨場感をもって伝わってきました。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2009.01.19.22:19
金澤美穂さんの初主演映画『はじめての家出』を含む、エイベックス・ニュースター・シネマ・コレクションのリレーブログに、金澤美穂さんが再び登場です。
http://ameblo.jp/avex-newstar/


撮影の間に、共演者の米村美咲さん、斉藤リナさんと、誰が一番天然かという話をよくしていたとのことですね。

美穂さんは、米村美咲さんが一番天然で、次が斉藤リナさんだと思っているとのことですが、お二人は、美穂さんが1位という意見で一致しているとのことですね。


う~ん、そうですね~ 監督のブログのエピソードを読んでいますと、一番の天然はやはり美穂さんのような気が…(笑)

結局誰が一番天然なのか、わからなかったとありますが、ここはひとつ、監督に決めてもらってはいかがでしょうか(笑)


それにしましても、美穂さんは、本当に毎日毎日一日も欠かさず、ご自分のブログを更新されていますね。ファンとしては、こんなに嬉しいことはないですね♪

金澤美穂さんのオフィシャルブログ「オレンジLife」
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
昨年に見た映画で、今一つだったかなあ… と思った映画の2回目です。『三本木農業高校、馬術部 ~盲目の馬と少女の実話~』、『空へ ―救いの翼 RESCUE WINGS―』、そして、『しあわせのかおり』。

『三本木農業高校、馬術部 ~盲目の馬と少女の実話~』と『空へ ―救いの翼 RESCUE WINGS―』は、残念ながら、ストーリーが平板に感じられました。もうほとんどすべて、予想通りの展開というか… エピソードもありきたりな印象でした。

『しあわせのかおり』は、師弟愛がテーマの映画ですが、実際には、料理を紹介する場面が長く続きます。僕は、食べ物に関しては好き嫌いはなく、栄養のバランスを重視していて、味については特にこだわりはありません。価値観が違い、この映画はあまり面白くは感じませんでした。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2009.01.17.08:25
1月5日(月)には、宮崎あおいさんが、「徹子の部屋」に出演されました。

篤姫』の話、『少年メリケンサック』の話がありました。黒柳徹子さんは、『篤姫』はご覧になっていたとのことですね。

そして、あおいさんの趣味である、シール集めのことについての話もありました。

堺雅人さんが出演されたときは、少年の頃の話などもとても多かったのですが、あおいさんのときには、全くありませんでしたね。

あおいさんの子どもの頃の話などを、聞いてみたかったなあと思いました。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
今回は、昨年に見た映画で、今一つだったかなあ… と思った映画です。『櫻の園 -さくらのその-』、『ラブファイト』、『青い鳥』、『平凡ポンチ』。

『櫻の園 -さくらのその-』は、ストーリーに起伏があまり感じられず、見ていて正直退屈になってきました。

『ラブファイト』は、北乃きいさんのボクシングで、スカッとする映画なのかな、と思っていましたが、それ以外の要素が多く、少し詰め込み過ぎかなあという印象を受けました。

『青い鳥』は、非常に真面目な作品だとは思いました。しかし、映画的エンターテインメントの観点からすると、少し退屈感を覚えたのは事実です。

『平凡ポンチ』は、不条理性をあえて狙った作品だとは思いますが、支離滅裂なストーリーに、ついていくのは困難でした。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2009.01.15.23:02
篤姫 完全版 第壱集」のDVDで1回目から改めて見直しています。今回は、第2回 「桜島の誓い」。

於一(宮崎あおい)は、調所広郷(平幹二朗)からお招きがあり、肝付尚五郎(瑛太)を誘い、調所のところへ再び行く。調所は、抜け荷(密貿易)ばかりか、偽金作りをしていることまで於一らに明かし、於一に偽の銀貨をわたす。

薩摩藩がそのようなことをしていることは、幕府の知るところとなり、調所は、役割を超えた天命があると言って、すべてを背負って自害する。

於一は、桜島の見えるところに、調所広郷からもらった偽の銀貨を埋め、お墓に見立てて、自らのかんざしを挿す。


それから、第2回の見どころとしましては、於一の兄・島津忠敬(岡田義徳)が、西郷吉之助(小澤征悦)に棒で殴りかかろうとし、それを於一が間に入って止めようとします。そして於一を、西郷吉之助が身を挺して守ります。そこがかっこよかったですね。

また、しの(小林麻子)の出番も多かったです。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2009.01.14.23:02
天地人』で主人公直江兼続(妻夫木聡)の幼少時代、与六を演じる加藤清史郎クンのことが、記事で出ていますね。
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK200901140038.html

「『天地人』泣ける7歳子役が泣かせる演技」とのタイトルです。

僕は見てはいなかったのですが、月9ドラマ「ヴォイス~命なき者の声」の瑛太さんの幼少時代の役でも出演しているとのことなのですね。

記事を少し引用しますと、

──所属する劇団ひまわりは「この年代の子であんなに泣ける子はいない」という。泣くシーンになると、加藤は自然と涙があふれだし「泣き虫与六」の役にはぴったりだった。──

7歳で自然に泣くことができるなんて、本当に凄いと思いました。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2009.01.13.23:03
天地人』 第2回 「泣き虫、与六」

なかなか良かったです。人の心が丁寧に描かれていましたので、感情移入してしまい、涙がこぼれました。

与六(加藤清史郎)と喜平次(溝口琢矢)が良かったですね。お藤(田中美佐子)を含めた3人のシーンが今回のクライマックスでした。

与六は、喜平次におぶってもらうのですが、そこのところは、前回、上杉輝虎(阿部寛)と馬に乗っているとき、幸せそうな表情を見せた喜平次に通じるところがありました。

そして、今後特に注目していきたい俳優さんは、柴田勝家役の菅田俊さん、吉江宗信役の山本圭さんですね。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
風邪のために年初から先延ばしにしていましたが、日曜日に名古屋に行ってきました。

名古屋市美術館で開催されている、モネ「印象 日の出」展と、現在名古屋でしか上映されていない映画『ぐるりのこと。』と『アキレスと亀』を鑑賞してきました。

モネ「印象 日の出」展は、“印象派”の名前の由来にもなったモネの「印象 日の出」を中心とした展覧会です。

そして、会場で目の前にあるその「印象 日の出」を見た瞬間、僕は、感動のあまり体が硬直し、涙が出そうになりました。

他にもルノワール、ピサロやシスレーなど、著名な印象派の画家の作品も展示されていました。


映画『ぐるりのこと。』は、今池にあるキノシタホールで上映されていました。キノシタホールは、初めて行ったのですが、真新しいピッカピカの建物の中にあり、もの凄く綺麗な劇場でした。

昨年末に改築されたのですね。新しい建物特有のにおいもしていました。なんと言っても音響が素晴らしいかったです。コンサートホールのようでした。古い映画館では、音響が悪くモゴモゴとくぐもった感じで、セリフがよく判別できないというのは、ありがちなことなのです。

ただ、建築デザインの関係からか、1階から2階への階段の途中で、下に転落しそうになっているところがあり、非常に危険だと思いました。重大事故が発生する前に、柵を設けるなどの対処が必要だと思いました。


ぐるりのこと。』では、リリー・フランキーさんが、法廷画家となり、裁判の様子を描いていきます。僕には、法廷画家という職業は、本当に魅力的な仕事のように思えました。

実際の僕は、絵は目茶苦茶に下手くそなので、どうあがいてもなれないのですが、とても魅力的に写りました。

僕は、今度生まれてきたときになりたい職業というのを、心の中でリストアップしていて、時に、空想の中で遊んだりして楽しんでいるのですが、法廷画家という職業も、自分の心の中で、数学研究者や翻訳家などと並んで、相当上位にランクされました。

もちろん叶わぬ願望ですが、できる限り自分一人で完結して、その内面世界を深く追求できるような仕事についてみたかったなあ、あるいは、今度生まれてくることがあると仮定すれば、ついてみたいなあという思いがあります。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
金澤美穂さんのオフィシャルブログで報告がありました。

『RESCUE~特別高度救助隊』第2話に出演とのことです!


『RESCUE~特別高度救助隊』は、1月24日(土)から始まるTBS系のドラマです。

第2話は、1月31日(土) 19時56分からです。


『RESCUE~特別高度救助隊』:中丸雄一(KAT-TUN)、増田貴久(NEWS)、山本裕典、石橋凌、要潤、石黒賢出演。主題歌は、KAT-TUN「Tactics」。


金澤美穂さんのオフィシャルブログ「オレンジLife」
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
金澤美穂さん主演映画、『はじめての家出』を含むエイベックス・ニュースター・シネマ・コレクションのリレーブログに金澤美穂さんが登場です。
http://ameblo.jp/avex-newstar/entry-10190564405.html


「はじめまして!金澤美穂です♪」というタイトルです。

「ある男の子にはイジワルしちゃったり(笑」
佐川大樹さんに、最初は、ツレないそぶりなんですね。

「ときには女の子に好かれちゃったり」
米村美咲さんに好かれますね。

「写メはニュースターシネマコレクション記者会見の時に斉藤リナちゃんと撮りました」
改めて思いますが、本当に美穂さんは可愛くて可憐ですね。


はじめての家出』は、2月14日(土)公開です。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
昨年、映画『休暇』、『真木栗ノ穴』を鑑賞しました。


休暇』は、西島秀俊さんが死刑囚の役で、新婚旅行の休暇を取るために、死刑執行(絞首刑)の支え役を小林薫さんが引き受けるという内容です。

西島秀俊さん扮する死刑囚は、途中、両親を殺害したことで死刑判決を受けたのであろうことが示唆されます。

ファッションモデルの今宿麻美さんが、西島秀俊さんの妹の役であり、ファッションモデルの華やかな雰囲気を完全に消して、悲しみの複雑さを表現していて、非常に良かったです。

休暇』は、小林薫、西島秀俊、大塚寧々、大杉漣、柏原収史、菅田俊、利重剛、谷本一、今宿麻美、榊英雄さん出演、 門井肇監督作品です。


真木栗ノ穴』(まきぐりのあな)は、現実と妄想の世界の狭間を描いた作品です。テーマはとても難解な作品だと感じました。

しかし、お堅い感じではなく、特に前半は、コメディータッチの部分が結構多かったです。

粟田麗さんが、現実的でもあり、また非現実でもあるという難しい役柄を、魅力的に演じておられました。また、木下あゆ美さんが、役柄を、初々しく、キュートな感じに演じていました。

この作品では、鎌倉の釈迦堂切り通しがロケ地として使われています。釈迦堂切り通しは、玉木宏宮崎あおいさん主演の『ただ、君を愛してる』でも使われており、あのシーンと同じだ!と一人で興奮していました(笑)

なお、主題歌は、椿さんの「めぐり逢えたのは夢じゃない」ですが、どことなく曲の雰囲気が、CHEMISTRYの「PIECES OF A DREAM」に似ている感じに思えました。

真木栗ノ穴』は、西島秀俊粟田麗、木下あゆ美、キムラ緑子、北村有起哉、尾上寛之、田中哲司、利重剛さん出演、深川栄洋監督作品です。


西島秀俊さんは、ふわ~とした存在感とでもいいましょうか、そこに居るというだけで、その、自然体の雰囲気がもの凄く伝わってきます。本当に大好きな俳優さんです。

蟹工船』は、原作は読んだことはないのですが、映画『蟹工船』に、松田龍平さんとともに出演されるので、今から楽しみです。

松田龍平さんは、労働者のリーダー役で、雰囲気的にぴったりだと思いましたが、西島秀俊さんは鬼管理者の役なのですね。少し意外に思いましたが、どのように演じられるのか本当に楽しみです。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2009.01.08.23:08
金澤美穂さんが、「BOMB 2月号」、「FLASH 1月20日号」に掲載されています。


小池里奈さんが表紙の「BOMB 2月号」では、エイベックス・ニュースター・シネマ・コレクションの紹介があります。

『年々歳々』出演の江野沢愛美さん、指出瑞貴さん、『GIRLS LOVE』出演の下宮里穂子さん、『かさぶた姫』出演の近野成美が、それぞれ紹介されています。


はじめての家出』からは、金澤美穂さんと米村美咲さんが紹介されています。以下、少し引用しますと、

──金澤美穂「私が演じた翠(みどり)は、ちょっと気が強くて、男の子に意地悪したりする女の子です。普段あまりやらないので難しい面もありました」

米村美咲「翠のことを純粋に好きな気持ちを自分なりに表現しました。体をだんだん密着させていったり、そういう点も見てほしいです」

お互いがお互いの素顔を“天然”だと評していた究極の(!?)天然コンビでもある。──


「FLASH 1月20日号」では、井筒和幸監督が、金澤美穂さんを“太鼓判”との記事が掲載されています。白黒ですが、井筒監督とのツーショット写真もあります。

井筒監督は、美穂さんを、『容疑者Xの献身』で、「彼女の出演シーンだけが光っていた。しっかり役になりきっている。演技も作っていないし、リアリティがあって素晴らしい。今後、みるみる頭角を現しますよ」とベタぼめしていらっしゃいますね。

本当に、美穂さんの素質は凄いと思います。“みるみる頭角を現す”のは時間の問題といっても過言ではないでしょうね。

なお、「FLASH 」掲載の情報は、美穂さんのブログのある方のコメントにて初めて知ることができました。


エイベックス・ニュースター・シネマ・コレクションの記者会見の模様の動画は、何度も何度も見ています。美穂さんの、僕の心の中での好感度は、もう、本当にますます高くなっています。若いのに、話し方とかが本当にキチンとしているんですよね。気品すら漂っています。おそらく、ご両親の愛情を受けて、キチンとした家庭に育っているのだなあということがわかります。


金澤美穂さんのオフィシャルブログ「オレンジLife」
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/

主演映画『はじめての家出』 エイベックス・ニュースター・シネマ・コレクション
http://avex-newstar.com/special.html


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2009.01.07.22:56
宮崎あおいさんが、宮藤官九郎さんとともに、「さんまのまんま」に出演しました。

明石家さんまさんの笑いは、わざと相手に失礼なことを言って、それを笑いにつなげていくという“圧迫面接”タイプの笑い。

同じく“圧迫面接”タイプとしては、浜田雅功さんや石橋貴明さんも挙げられると思います。タモリさんやビートたけしさんは違いますね。

僕は、そのような“圧迫面接”タイプの笑いは、個人的には好きではありません。

今回の「さんまのまんま」でも、宮藤官九郎さんのことを、アメンボやあやつり人形に似ているなどと言っていて、そこまで言うのは… と少し腹立たしく思いました。


「さんまのまんま」で、最もあおいさんらしいなあと思ったのが、明石家さんまさんが、佐藤浩市さんのものまねをして、あおいさんに、似ているかどうか聞いたのですが、あおいさんは、微妙な笑顔で、「うーん」と言ったのです。

“大人”の宮藤官九郎さんに、「似ているってことで」、と言われて初めて「はい、似ています」と言ったのですが、こういうところが、あおいさんの魅力の源泉なのだなあと思いました。

バラエティ的なノリで、何でも調子を合わせるのではなく、言いづらいことでも、自分の意見は通したいというところ。改めて、あおいさんの魅力に触れることができて、そういう意味では非常に良かったです。

あおいさんサイドとしては、あおいさん単独での出演というのは考えてはいなかったと思いますが、宮藤官九郎さんがいらっしゃったことで、大船に乗ったような気分で、安心して見ていられることができました。宮藤官九郎さんの人間的な器の大きさを感じることができました。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2009.01.06.22:55
金澤美穂さんの主演映画、『はじめての家出』を含むエイベックス・ニュースター・シネマ・コレクションの記者会見が、1月4日(日)に行われました。このことについての報道が増えていますね。

TV LIFE WEBです。
http://www.tvlife.jp/news/090106_04.php

金澤美穂さんについて、非常に詳しい報道があります。


金澤美穂さんのところを引用しますと、

──昨年『容疑者Xの献身』で映画デビューを果たし、今回『はじめての家出』に主演する金澤美穂(14)は、「劇場で見るのが楽しみです。すでに試写で見たのですが、まだまだダメだと思うところがたくさんありました。全部のシーンに全力で頑張りました。ぜひ見てください」とアピール。

初詣に行ったか聞かれ、「母親が20円をくれて、一生女優ができるようにお願いしました。いつもは10円でお願いしているので、倍の効果があるといいな(笑)」と話した。

仕事やプライベートの今後については「元気な女の子の役をやってみたいです。まだまだ結婚なんて考えたことないけど、あと10年後か、15年後か、20年後くらいにできればいいな」と語った。──


また、『はじめての家出』の菱沼康介監督のブログから、少し引用させていただきますと、

──うちのヒロインの金澤くんは、いつもの緊張しいが出て、待ってる間にじょじょに顔が赤くなってくる。
んで、それを見たマネージャーさんが、「暖房暑い?」ときく。
金澤くんは答えて、「いいえ。でも、体温が熱いです」
今年も、その天然ぶりを発揮してくれることでしょう。──

──金澤くんは緊張とれず、笑顔の口角が、どんどん上がっていき、まばたきも増えてる。
期待度も高いからか、一番前の列だったし、身長を考慮してか、高めの下駄(草履?)を履かされてたしね。──


この記者会見で思ったのが、金澤美穂さんが前列だったことで、やはり、期待度が高いからなのだろうなあと、美穂さんの大ファンの僕はとても嬉しく思いました。

それから、美穂さんは、公称・身長157cmなのですが、実際お会いしたときは、もう少し小柄に感じました。でも、僕は、タレントさんでも、大柄な女性はちょっと苦手な方で… 美穂さんをこの目で間近に見たとき、心から、本当に可愛くて可憐だなあと思いました。


監督のブログにて初めて知りましたが、この記者会見(正確に言えば、金澤美穂さん、米村美咲さん、大石参月さん、江波戸ミロさんの囲み取材)の動画があったのですね。こちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/video_gallery/showbizzy_interview/g090006.html
http://video.aol.com/video-detail//422766197/?icid=VIDLRVENT04

この動画では、美穂さんが、その“天然”ぶりを遺憾なく発揮しています(笑) 本当に初々しい感じで、もの凄くいいですねー。


美穂さんは、本当に毎日毎日ブログの更新をされていますねー。なかなかできないことだと思いますが、無理やりというよりは、楽しんでされているようで、楽しさがこちらにも凄く伝わってきて、とても嬉しいです。毎日毎日美穂さんのブログを読んでいると、情が移ってしまって、何だか最近では、本当の妹のように感じてしまいます♪ 毎日本当にありがとう!美穂さん。


金澤美穂さんのオフィシャルブログ「オレンジLife」
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/

主演映画『はじめての家出』 エイベックス・ニュースター・シネマ・コレクション
http://avex-newstar.com/special.html

菱沼康介監督のブログ
http://blog.goo.ne.jp/monndori


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2009.01.05.21:52
金澤美穂さんの主演映画、『はじめての家出』を含むエイベックス・ニュースター・シネマ・コレクションの記者会見が、1月4日(日)に行われたとのことです。

このことは、昨日の金澤美穂さんのブログにて、初めて知ることができました。

金澤美穂さんのブログでは、その記者会見での振袖姿が掲載されていますが、もの凄く似合っていて、もう、可愛いのなんのって… より一層ときめいてしまいました(笑)
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/entry-10187461487.html


@ぴあでは、

──『容疑者Xの献身』で映画デビューし、今作が映画初主演となる金澤は「他の映画やドラマでも主演できるように頑張りたい。いろいろな表情を持っている広末涼子さんが目標」と抱負を語った。──とのことですね。

下のリンク先では、女装をして登場した宮崎翔太さんのちょうど下段に位置したということが幸いして、とても大きく美穂さんが写っています。
http://news.pia.jp/pia/news_image.do?newsCd=200901050000&imageCd=1


金澤美穂さんのオフィシャルブログ「オレンジLife」
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/

主演映画『はじめての家出』 エイベックス・ニュースター・シネマ・コレクション
http://avex-newstar.com/special.html


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2009.01.04.22:13
天地人』 第1回 「五歳の家臣」を見ました。

最初6時からのBS-hiで見たのですが、全く予習なく見て、チンプンカンプン(笑)

これはやばい!と思って、付け焼刃ですがネットでいろいろと調べたあと、8時からのを見ると、この人は誰?とかいうのはある程度払拭できて、物語を楽しめました。

演技では、上杉輝虎(後の上杉謙信)役の阿部寛さんが特に良かったです。

ただ、『篤姫』の第1回も、同じく全く予習なく見て、『篤姫』は、もの凄く面白かったのですが…


天地人』は、今のところ、オーソドックス大河という印象です。音楽がとてもいいですね。オープニングの音楽も、高揚感あふれるところと、静かなところの対比が良かったように思いました。

しかし『篤姫』のように、意表を突くような音楽ではないですね。『篤姫』は、ロックあり、フラメンコギターあり、太鼓ありでしたから。あくまでも、オーケストラ中心のオーソドックスな音楽でした。

音楽の大島ミチルさんといえば、僕の中では、「NHKスペシャル 生命 ~40億年はるかな旅~」の音楽の印象が非常に強いです。「生命 ~40億年はるかな旅~」の音楽は、サントラ盤を買うほど好きでした。


天地人』は、続けて見ていると、もっと面白くなってくるかもしれませんので、第2回目も、見てみようと思います。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2009.01.03.20:44
今年の初映画鑑賞、『252 生存者あり』です。

本当は、今日あたり、名古屋に行く予定にしていたのですが、ちょっと風邪をひいてしまいまして、関西から名古屋まで行くのはさすがにシンドい… それで予定変更して、車で30分程度で行くことのできるシネコンに行ってきました。

この映画の真の主役は、子役の大森絢音ちゃんのような気がしてきました。それほどに表情が素晴らしいんです。それは、反則技とも思えるほど…(笑) その笑顔にやられてしまいました(笑)

また、見どころは、「252、生存者ありー!!」と叫ぶシーン。それが2回あります。ただ、過去のシーンがよく出てくるので、途中から時系列がわかりにくくなってきました。

総合的に見て、平均か、やや下ぐらいの水準の映画と感じましたが、大森絢音ちゃんの存在によって、良さは5割増しぐらいになっているかなあと思いました。

『252 生存者あり』は、伊藤英明、内野聖陽、山田孝之、香椎由宇、木村祐一、MINJI、山本太郎、桜井幸子、大森絢音、阿部サダヲ、温水洋一、西村雅彦、松田悟志、杉本哲太出演、水田伸生監督作品です。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2009.01.02.15:15
昨年、『レッドクリフ Part Ⅰ』を鑑賞しました。


正直言って、全く感動できませんでした。

途中から、何だか、つぎはぎの総集編を見ているような気分になってきました。上っ面だけをなぞっているような感覚です。

人物像を深く掘り下げて描いていないので、感情移入ができないんです。


極端に言ってしまえば、

戦闘シーン(血しぶきのスローモーション)

はい次、戦闘シーン(血しぶきのスローモーション)

はい次、戦闘シーン(血しぶきのスローモーション)

これをずっと繰り返しているような印象でした。


Part Ⅱを見ることはないでしょう。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。