FC2ブログ
--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画『ゴールデンスランバー』を鑑賞しました。


伊坂幸太郎さん原作、中村義洋監督作品ということで、非常に期待をして、観に行きました。

あまりにも、期待度が高過ぎたのかもしれません。


前半、非常にテンポが悪く感じ、逃亡の緊迫感が伝わって来ずに、退屈に思いました。

また、伊坂幸太郎・中村義洋さんのコンビネーションは、『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フィッシュストーリー』に続いて3作目ですので、さすがに、パターン化の傾向は、否めない気がしました。

役者さんのキャスティングも、同じ方が多く出演されていて、正直言って、2人のコンビネーションには、少し飽きたのかなぁという思いがしました。


前半は、全く面白いとは感じなくて、えっ、このままでは評価「1」の映画になってしまうぞと、ちょっと信じられない思いでいました。

終わりの方は、盛り返して、ほっとしました。


出演者の中では、永島敏行さんが良かったです。

にやりと笑いながら、巨大な銃をぶっぱなすキャラクターが良かったですね。


『ゴールデンスランバー』
監督:中村義洋
原作:伊坂幸太郎
出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之、柄本明、濱田岳、渋川清彦、ベンガル、大森南朋、貫地谷しほり、相武紗季、伊東四朗、永島敏行、石丸謙二郎、ソニン、でんでん、滝藤賢一、木下隆行、木内みどり、竜雷太


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
スポンサーサイト
2010.01.29.23:02
志田未来さん主演のドラマ『卒うた』(第1夜)が、3月1日(月)に放送されるとのことですね。(フジテレビ系 23時~)


Kiroroの「Best Friend」をテーマとしたドラマで、忽那汐里さんも共演するとのことです。

志田未来さんは、「あゆみは友達を大事に思う気持ちや性格が私にとても似ていて、すごく共感できる女の子です。恋する女の子のかわいい気持ちが皆さんに伝わるように頑張ります」とのことで、本当に楽しみです。

関連記事
http://blog.television.co.jp/entertainment/entnews/2010/01/20100129_01.html


4夜連続ドラマ『卒うた』

第1夜 3月1日(月) 主演:志田未来 テーマ:Kiroro「Best Friend」

第2夜 3月2日(火) 主演:国仲涼子 テーマ:EXILE「道」

第3夜 3月3日(水) 主演:北乃きい テーマ:スキマスイッチ「奏」

第4夜 3月4日(木) 主演:長澤まさみ テーマ:松任谷由実「卒業写真」


志田未来さんの関連では、2月3日(水)から、配信ドラマ『春のまぼろし』の配信が開始され、また、出演映画『食堂かたつむり』が、2月6日(土)から公開されるなど、出演作が、今後目白押しです。

とても楽しみにしています。

『春のまぼろし』(ミュードラ)
http://mu-dra.com/haru/index.html

『食堂かたつむり』
http://katatsumuri-movie.jp/


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
志田未来さん主演の配信ドラマ、『春のまぼろし』が、2月3日より配信されます。(主題歌は、Superflyの『春のまぼろし』)


ミュードラ
http://mu-dra.com/index.html


志田未来さんが、犬を演じ、拾ってくれた男の子に淡い恋心を抱いていく、というお話です。

設定が非常にいいですね。

志田未来さん演じる犬のハルに、もの凄く感情移入してしまいそうです。

予告を何度も見ていますが、予告だけでも、感情移入してしまい、シチュエーションの面白さや切なさというものが、ぐんぐんと胸に迫ってきます。


ミュードラでは、浅見れいなさん主演の『愛すべき人』を見ましたが、とても良かったですね。

浅見れいなさんの心の中のつぶやきが、非常に面白かったです。


『春のまぼろし』の配信日である2月3日が、本当に楽しみです。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
佐藤江梨子さん、柳楽優弥さんのダブル主演の映画、『すべては海になる』を鑑賞しました。


格別に良いということはありませんでしたが、特に悪くもなかった映画のように思いました。


この映画において、作家が、読者受けを狙って、編集者の意見を採り入れ、自分の思いを封印し、結末を改変した様子が描かれていました。

そして、それとは逆に、柳楽優弥さんの、不器用でストイックな姿も描かれていました。

どちらがいいという描き方ではなく、“すべては海になる”というように、結論は、観た者に委ねられているような映画でした。


柳楽優弥さんの話し方が、一部、一本調子であったように感じましたが、これはどのような演出効果を狙ったのかなと、このことについては、わかりませんでした。


僕は、将来的に、小説家になれたらいいな、という一つの夢があります。

僕は、この映画に中における作家のように、自分の思いのみを作品にぶつけるというよりは、作品が良くなるのであれば、編集者の意見も採り入れていこうという考えを持っています。


『すべては海になる』
監督・原作・脚本:山田あかね
出演:佐藤江梨子、柳楽優弥、要潤、安藤サクラ、猫背椿、藤井美菜、森岡龍、吉高由里子、村上淳、渡辺真起子、白井晃、松重豊


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
遅ればせながら、第33回日本アカデミー賞優秀作品賞選考作品について、自分なりの、歯に衣を着せぬ、率直な感想を述べたいと思います。


第33回日本アカデミー賞優秀作品賞に選ばれたのは、

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~

沈まぬ太陽

ゼロの焦点

劔岳 点の記

ディア・ドクター

です。


う~ん… なぜ、『ゼロの焦点』が選ばれているのでしょうか。僕には全く理解できません。

率直に言って、何の印象も残らない映画のように思えましたが…

この映画は、僕の評価では、5段階評価で、最低の「1」でした。


『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』も、良さがよくわかりませんでした。

映画が終わって、思わず、「だから、何?」とつぶやきそうになりました。


『劔岳 点の記』は、撮影の大変さについて、よく言われますが、作品の質においては、それとこれとは、話が別だと思います。

特に悪くはありませんでしたが、もの凄く良かったとまでは言えない作品でした。


『ディア・ドクター』につきましても、良さがあまりよく理解できませんでした。



僕がもし、優秀作品賞を選ぶとすると、以下の作品になるかと思います。


誰も守ってくれない

ジェネラル・ルージュの凱旋

真夏のオリオン

フィッシュストーリー

風が強く吹いている


そして、最優秀作品賞は、『誰も守ってくれない』に贈りたいですね。


志田未来さんが、新人俳優賞に選ばれていますので、3月5日(金)の授賞式の放送が非常に楽しみです。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
先日、映画『秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE3 ~http://鷹の爪.jp は永遠に~』を鑑賞しました。


面白かったです。

終わりの方は、特に面白く、この映画の中における戦闘は、非常に斬新で、良かったです。


僕は、映画シリーズの1、2は観ていないのですが、観ていなくても、面白さは十分に伝わってきました。


シリーズ1、2も見てみたいと思いました。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2010.01.18.22:58
先日、映画『今度は愛妻家』を鑑賞しました。


それにしましても、ここまで面白くない映画を久しぶりに観ました。


この映画において、石橋蓮司さんの演技は、説得力があってとても良かったです。

しかし、この映画の悪いところは、何といってもテンポの悪さ。

退屈で退屈で、映画館の椅子にじっと座っているのが、苦痛で苦痛でしかたありませんでした。


映画において、ストーリーの流れの起承転結は、理想を言えば、動いているところから始まるという意味から、転から始まり、起に戻って、承、転、転、転、結ぐらいがちょうどいいと思うのですが、この映画は、起・承が長すぎて、転が全然来ないのです。

僕は、気が短いせいもあるのか、この映画のような、展開がほとんど無いような映画を、面白いとは全く思いません。


さすがに途中では帰りませんでしたが、家でDVDを見ていたとしたら、絶対に最後まで見ることはなかったでしょう。

この映画ほど、終わった瞬間が嬉しかった映画はありませんでした。


エンディングのクレジットを見ないで帰ることは、普段めったにありませんが、この映画に限っては、クレジットが始まった瞬間に席を立ちました。


『今度は愛妻家』
監督:行定勲
出演:豊川悦司、薬師丸ひろ子、水川あさみ、濱田岳、津田寛治、奥貫薫、井川遥、石橋蓮司


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
映画『板尾創路の脱獄王』を鑑賞しました。


脱獄ものの映画というのは、たいていは面白いので、期待をして観に行きました。

しかし、テンポが悪く、単調で、脱獄のスリル感というものが、全く伝わってきませんでした。

エンターテインメント性が低い上に、ヒューマニズム的な要素も中途半端で、内容の薄い作品でした。


最後、あのようなオチになるのは、人間の行動として、合理性を欠いていると思います。


『板尾創路の脱獄王』
監督:板尾創路
出演:板尾創路、國村隼、ぼんちおさむ、オール巨人、木村祐一、宮迫博之、千原せいじ、阿藤快、津田寛治、笑福亭松之助、石坂浩二


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
第83回キネマ旬報ベスト・テンが発表されたとのことですね。


2009年日本映画ベスト・テン

1位 ディア・ドクター
2位 ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~
3位 劔岳 点の記
4位 愛のむきだし
5位 沈まぬ太陽
6位 空気人形
7位 ウルトラミラクルラブストーリー
8位 サマーウォーズ
9位 誰も守ってくれない
10位 風が強く吹いている
※次点 のんちゃんのり弁


昨年は、劇場にて、143本の映画を観ておりまして(邦画:104本、洋画:39本)、上記の作品は、『ウルトラミラクルラブストーリー』を除いて、すべて観ています。


ちなみに、僕の日本映画のベスト・テンは、

1位 誰も守ってくれない
2位 サマーウォーズ
3位 ジェネラル・ルージュの凱旋
4位 真夏のオリオン
5位 フィッシュストーリー
6位 風が強く吹いている
7位 60歳のラブレター
8位 カイジ 人生逆転ゲーム
9位 MW-ムウ-
10位 里山
次点が、少年メリケンサック、釣りキチ三平、アマルフィ 女神の報酬、なくもんか、8月のシンフォニー -渋谷2002~2003、大洗にも星はふるなり、守護天使、沈まぬ太陽、悪夢のエレベーター、僕の初恋をキミに捧ぐ

以上ですので、キネマ旬報ベスト・テンとは、かなり違いますね(笑)

確かに、『のんちゃんのり弁』は、とても面白かったです。自分のベスト・テンの次点に入れても良かったかなと思いました。


それでは、キネマ旬報ベスト・テンについて、自分なりの、歯に衣を着せぬ率直な感想を述べたいと思います。


う~ん…… 『ディア・ドクター』は、1位を取るほどの良さがあったのかなぁ……

また、『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』、『劔岳 点の記』の良さがよく理解できませんでした。

『愛のむきだし』のような、人間の欲望というものを前面に押し出している作品は、どちらかというと、苦手な映画ですね。

『空気人形』は、全く良さがわからなかった映画でした。


しかし、『誰も守ってくれない』や『サマーウォーズ』がランクインしていることは、とても嬉しく思いました。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2010.01.13.21:14
志田未来さんが、有料配信ドラマ「ミュードラ」の第4弾『春のまぼろし』に主演するとのことですね。(2月3日から配信)


関連記事
http://natalie.mu/news/show/id/26285

「ミュードラ」
http://mu-dra.com/index.html


志田未来さんが、捨てられた犬を演じ、自分を拾ってくれた男の子に恋心を抱くというお話です。

とても面白そうですね。

早く見てみたいです。


主題歌は、Superflyの『春のまぼろし』。


「ミュードラ」というのは、ミュージックとドラマが融合したエンターテインメントとのことです。


僕は、配信ドラマの「ミュードラ」というものを、今回初めて知りましたが、これまでにも、戸田恵梨香さん、吉高由里子さんや浅見れいなさん主演のドラマが配信されていたのですね。

面白そうですので、これまでのドラマも見てみたいと思います。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
映画『純喫茶磯辺』、『ちーちゃんは悠久の向こう』、『ガチ☆ボーイ』、『パンドラの匣』、『ハルフウェイ』などでの演技が凄く良かった仲里依紗さん出演のドラマ、『ハチワンダイバー』をDVDにて見ました。


なかなか面白かったです。

将棋に関するエンターテインメントドラマですが、将棋にはそれほど詳しくなくても、充分楽しむことができました。


また、安田美沙子さんもとても良かったです。

安田美沙子さんは、このドラマの中において、関西言葉を話すのですが、京都府宇治市出身でいらっしゃるので、当然ネイティブの関西イントネーションであり、全く違和感がなく、良かったです。


将棋のプロになるということは、年齢制限もあり、非常に過酷であるということは、以前、プロになれなかった奨励会退会者の人たちのことについて綴った大崎善生さん著の「将棋の子」を読んだことがありますので、よく知っていました。

その本によりますと、奨励会を退会したあと、一念発起して司法書士になった人や、あるいは、新聞拡張団の団員になった人などがいたとのことでした。


僕は、将棋に関しては、駒の動かし方を知っている程度ですが、このドラマを見て、将棋に興味を持ち、超初心者向けの一手詰の詰将棋の本を、思わずネット通販にて注文してしまいました(笑)

将来的に、趣味の一つとして、将棋も加えていきたいなぁと思いました。


『ハチワンダイバー』
出演:溝端淳平、仲里依紗、安田美沙子、富澤たけし、伊達みきお、木下優樹菜、渡辺哲、小日向文世、大杉漣、劇団ひとり、京本政樹、大政絢、中江友紀、ふくまつみ、石橋蓮司、池田秀一、姜暢雄、デビット伊東、池田鉄洋、袴田吉彦、忍成修吾、つるの剛士、戸田菜穂、森本レオ


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
映画『海角七号/君想う、国境の南』を鑑賞しました。

海角七号は、かいかくななごうと読むとのことです。


『海角七号/君想う、国境の南』は、台湾において、『タイタニック』の次にヒットした映画とのことですね。

期待をして観に行きましたが、率直に言って、今一つだったと思いました。


感情移入が、なかなかできないでいました。

感情移入ができない理由というのは、比較的わかりやすく、この映画におけるヒロイン役の日本人の女性が、何かとヒステリックにわめきたてる女性であったからです。

日本人的感性からすると、このようなタイプの女性には、なかなか感情移入はできかねるものです。


とは言っても、ラストで、船を見送るシーンの盛り上がりはかなり良くて、感情移入ができていれば、相当感涙するだろうなぁと思われるものでした。

ヒットの理由は、このあたりにあるのだろうと思いました。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2010.01.08.23:58
先日、映画『蘇りの血』を鑑賞しました。


難解というのか、何が言いたいのかということが、よくわかりませんでした。

それほどには面白く感じられませんでした。


主演の中村達也さんは、豊川悦二さんに似ていらっしゃるなぁと思って観ていました。


草刈麻有さんは良かったですね。

草刈麻有さん出演の映画、『0093 女王陛下の草刈正雄』を観てみようと思いました。


豊田利晃監督の作品は、これまで、観たことはありませんんでしたので、『空中庭園』などの作品は、観てみたいと思います。


『蘇りの血』
監督・脚本:豊田利晃
出演:中村達也、草刈麻有、渋川清彦、新井浩文、板尾創路、マメ山田、市鏡赫、大嶋宏成、櫛野剛一、村上マサト、鈴木卓爾、松岡恵望子、松岡璃奈子


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
先日、映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』を鑑賞しました。


「のだめカンタービレ」は、漫画は読んだことはありませんが、ドラマは、スペシャルも含め、最近、DVDにてすべてを見ました。

ドラマは、非常に評判がいいと聞いていたのですが、全部を見てみて、率直に言って、巷で言われているほどの面白さはないなと思っていました。

映画はどうなのだろうと思って、観に行きましたが、残念ながら、こちらも、特段の面白さというものを感じることはできませんでした。


『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』
監督:武内英樹
出演:上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、ウエンツ瑛士、ベッキー、山口紗弥加、山田優、谷原章介、なだぎ武、福士誠治、吉瀬美智子、伊武雅刀、竹中直人


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
昨年(2009年)は、劇場にて、143本の映画を観ました。(邦画:104本、洋画:39本)

その中で、特に印象に残っている映画を発表したいと思います。

一言コメント付きです。


邦画

1.『誰も守ってくれない
(社会派的な要素と、エンターテインメント性のバランスが素晴らしかったです)

2.『サマーウォーズ』
(『誰も守ってくれない』と甲乙つけがたく、1位にするか迷いました。感動しました。傑作アニメ映画です)

3.『ジェネラル・ルージュの凱旋』
(前半は、それほどでもありませんでしたが、後半から、真の盛り上がりが始まります。ヒューマニズムとエンターテインメント性のバランスが良かったです)

4.『真夏のオリオン』
(この映画の真骨頂は、何といってもヒューマニズム。良かったです。感動しました)

5.『フィッシュストーリー』
(非常に爽快感がありました)

6.『風が強く吹いている』
(全体的なバランスが非常に良く、面白かったです)

7.『60歳のラブレター
(脚本がとても良かったです)

8.『カイジ 人生逆転ゲーム』
(一瞬でも目が離せない圧倒的な面白さがありました)

9.『MW-ムウ-』
(エンターテインメント性が非常に高く、面白かったです)

10.『里山』
(日本の風景の原点ともいえる里山。心落ち着くものがありました)

次点としては、『少年メリケンサック』、『釣りキチ三平』、『アマルフィ 女神の報酬』、『なくもんか』、『8月のシンフォニー -渋谷2002~2003』、『大洗にも星はふるなり』、『守護天使』、『沈まぬ太陽』、『悪夢のエレベーター』、『僕の初恋をキミに捧ぐ』などが挙げられるかと思います。


続いて洋画ですが、洋画は、観ている本数が邦画に比べると少ないので、ベスト5にとどめておきたいと思います。

1.『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』
(マイケル・ジャクソンは本当に偉大でした。この映画を観て、改めてその思いを強くしました)

2.『マンマ・ミーア!』
(涙が出るほど楽しかったです)

3.『マン・オン・ワイヤー』
(臨場感があり、非常に良かったです)

4.『ザ・ムーン』
(宇宙飛行士へのインタビューなどもあり、宇宙への思いがひしひしと伝わってきました)

5.『フロスト×ニクソン』
(一瞬でも目が離せない、テンポの良さと面白さがありました)

次点としては、『アバター』、『グラン・トリノ』、『スラムドッグ$ミリオネア』などが挙げられます。

『グラン・トリノ』は、かなり感動はしたのですが、ラストがややありきたりかなと思いました。北方謙三さん原作の映画『友よ、静かに瞑れ』と同じような感じでした。


なお、DVD鑑賞において、最も良かった作品は、『純喫茶磯辺』です。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2010.01.03.23:45
2009年下半期に、劇場にて鑑賞した映画に一応の評価をつけました。あくまでも、僕の感覚に合ったかどうかという観点です。

最初に出した評価とは、全体的な整合性のためや、気が変わったりして、変動がある作品もあります。


上半期鑑賞の映画については、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-387.html


7月

「5」 『マン・オン・ワイヤー』、『MW-ムウ-』

「4」 『アマルフィ 女神の報酬』、『キング・コーン 世界を作る魔法の一粒』

「3」 『ジャイブ 海風に吹かれて』、『ディア・ドクター』、『ウィッチマウンテン/地図から消された山』、『築城せよ!』

「2」 『蟹工船』、『ラッシュライフ』

「1」 (該当なし)


8月

「5」  『サマーウォーズ』

「4」  『8月のシンフォニー -渋谷2002~2003』、『ボルト3D』、『HACHI 約束の犬』、『宇宙(そら)へ。』

「3」  『ぼくとママの黄色い自転車』、『南極料理人』、『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』

「2」  『ノーボーイズ,ノークライ』

「1」  (該当なし)


9月

「5」  (該当なし)

「4」  『里山』、『のんちゃんのり弁』

「3」  『女の子ものがたり』、『しんぼる』、『BALLAD 名もなき恋のうた』、『ディズニーネイチャー/フラミンゴに隠された地球の秘密』

「2」  『私は猫ストーカー』、『湾岸ミッドナイト THE MOVIE』、『プール』、『マーシャル博士の恐竜ランド』、『くもりときどきミートボール』

「1」  『キラー・ヴァージンロード』


10月

「5」  『カイジ 人生逆転ゲーム』

「4」  『僕の初恋をキミに捧ぐ』、『沈まぬ太陽』、『悪夢のエレベーター』

「3」  『私の中のあなた』、『アルビン号の深海探検 3D』、『パイレーツ・ロック』

「2」  『クヒオ大佐』、『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』、『パンドラの匣』、『引き出しの中のラブレター』、『空気人形』

「1」  『さまよう刃』


11月

「5」  『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』、『風が強く吹いている』

「4」  『大洗にも星はふるなり』、『なくもんか』、『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』

「3」  『天使の恋』、『SOUL RED 松田優作』、『マイマイ新子と千年の魔法』、『サイドウェイズ』、『僕らのワンダフルデイズ』、『曲がれ!スプーン』

「2」  (該当なし)

「1」  (該当なし)


12月

「5」  『アバター』

「4」  (該当なし)

「3」  『RISE UP ライズアップ』、『カールじいさんの空飛ぶ家』、『牛の鈴音』、『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』

「2」  『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』、『映画 レイトン教授と永遠の歌姫』、『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』、『銀色の雨』

「1」  『ゼロの焦点』


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2010.01.02.22:28
12月に劇場にて鑑賞した映画に、一応の評価をつけました。あくまでも、僕の感覚に合ったかどうかという観点です。


「5」  『アバター』

「4」  (該当なし)

「3」  『RISE UP ライズアップ』、『カールじいさんの空飛ぶ家』、『牛の鈴音』、『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』

「2」  『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』、『映画 レイトン教授と永遠の歌姫』、『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』、『銀色の雨』

「1」  『ゼロの焦点』


12月は、僕が観た限りにおいて、『アバター』を除いて、全体的に、面白い作品は少なかったです。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2010.01.01.00:01
あけましておめでとうございます。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。


先ほどまで、紅白歌合戦を見ていましたが、やはり、スーザン・ボイルさんが良かったですね。

歌声を聴いていて、涙が出そうになりました。


さて、今年ですが、今年の抱負……

仕事上のトラブルなど、いろいろなことがあるかと思いますが、何ごとにも負けないで、力強く生きていきたいです。


それから、やはり、何といっても、金澤美穂さんの活躍が楽しみです。

今年も、飛躍的な活躍をされるのでしょうね。

映画の出演があれば、舞台挨拶に駆けつけたいと思いますし、もし、舞台の出演があれば、絶対に見に行きたいと思っています。


それでは、みなさんのご多幸を祈り、今年も、マイペースでブログ更新を続けていきたいと思います。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。