FC2ブログ
--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金澤美穂さんのオフィシャル・ブログ「オレンジLife」において、美穂さん出演の映画『信さん 炭鉱町のセレナーデ』の情報が公開されました。

金澤美穂さんのオフィシャル・ブログ「オレンジLife」
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/

映画『信さん 炭鉱町のセレナーデ』
http://www.shinsan-movies.com/index.html


映画『信さん 炭鉱町のセレナーデ』の公式サイトにある、予告編を見てみましたら、美穂さんも出ていますね。


金澤美穂さんのブログが始まったのは、映画『容疑者Xの献身』の公開日である、2008年10月4日からですが、2008年10月10日のブログ記事では、「今日はこれからお仕事で九州にいって来ます」とあります。
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/entry-10149624769.html

また、次の日の記事では、「昨日は無事九州に着きました。今日は撮影も終わって これからご飯です」とありますね。
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/entry-10150186020.html

10月22日の記事では、「家に帰って来ました」とあり、この間に、この映画の美穂さんの撮影が行われていたのですね。
http://ameblo.jp/kanazawa-miho/entry-10154899244.html


いまのところ、上映については、福岡県における先行上映の情報しかないですが、ほかの地方での上映もあるのでしょうか。非常に楽しみです。


監督:平山秀幸
出演:小雪、池松壮亮、石田卓也、柄本時生、小林廉、中村大地、金澤美穂、光石研、村上淳、中尾ミエ、岸部一徳、大竹しのぶ


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
スポンサーサイト
2010.03.30.23:42
先日、映画『花のあと』を鑑賞しました。


予想していたよりも、ずっと良かったですね。

観ていて、とても温かい気持ちになれました。


北川景子さんの、心象の変化の様子が良かったですし、甲本雅裕さんのやさしく、やわらかい雰囲気も良かったです。

市川亀治郎さんは、大河ドラマ『風林火山』において、非常に印象に残っていますが、今回は悪役でしたね。


監督:中西健二
出演:北川景子、甲本雅裕、宮尾俊太郎、市川亀治郎、藤村志保、伊藤歩、柄本明、國村隼


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2010.03.28.16:43
映画『誰かが私にキスをした』を観ました。


堀北真希さん出演ということで、観に行きましたが、監督が外国人であり、日本人的な感性を描けるのかなぁと、あまり期待はしていませんでした。


観てみまして、率直な感想です。

これはダメでしょう。

全く面白くないですし、何が言いたいのかもさっぱりわからない。

ハードルを下げて観ていたのに、映画の出来は、そのハードルをはるかに下回っていました。

退屈で退屈で、途中、早く終わらないかなぁと、そのことばかり考えていました。


あまりにひどい出来なので、ブログ記事のタイトルに“鑑賞”という言葉を使いたくないほどでした(笑)


せっかく、堀北真希さん、松山ケンイチさんや渡部篤郎さんが出演しているのに、良さが全然引き出されていなかったです。


言うまでもなく、この映画の評価は、5段階最低の「1」です。


『誰かが私にキスをした』
監督:ハンス・カノーザ
出演:堀北真希、松山ケンイチ、手越祐也、アントン・イェルチン、エマ・ロバーツ、カイリー、桐谷美玲、清水美沙、桐島かれん、渡部篤郎


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
仲里依紗さん主演の映画、『時をかける少女』の4度目の鑑賞をしました。


本当にこの映画は、何度観ても、感動が色あせることはありませんね。

今回も、涙があふれ、止まりませんでした。


心に深く残る余韻。


パンフレットは、以前購入していましたが、今回は、ソニー・マガジンズから出版されている、「時をかける少女 仲里依紗」のインタビュー記事を読み込んでの鑑賞。

一層、感情移入をすることができました。


ソニー・マガジンズの「時をかける少女 仲里依紗」は、非常にいいですね。

今度機会があれば、感想を書いていきたいと思います。


時をかける少女
監督:谷口正晃
出演:仲里依紗、中尾明慶、安田成美、青木崇高、石橋杏奈、千代將太、柄本時生、キタキマユ、田島ゆみか、松下優也、加藤康起、勝村政信、石丸幹二


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
先日、映画『マイレージ、マイライフ』を鑑賞しました。


良かったです。

なんといっても、テンポが良く、冒頭から引き込まれました。


主人公は、「クビ宣告人」。

アメリカ中を飛び回り、次々と、「あなたの仕事は不要になりました」と伝えていく仕事。


映画を観ていて、僕は、主人公に対して、本物の、仕事への誠意というものを感じました。

「クビ宣告人」というのだから、ただただ、冷徹に仕事を進めていくのかと思いきや、宣告された人の心の傷を、少しでも浅くしようと努力し、そのことに対して、プロフェッショナルな誇りを感じています。

もちろん、訴訟事や、やっかい事を避けるための専門職ということで、請け負われている仕事なのですが、主人公は、自らの仕事に誇りを持っています。


新人の女性が、クビ宣告なんて、わざわざ出向かなくても、ネットで、映像付きチャットのような感じですればいい、マニュアル化して、誰でもできるようにすればいいと提案します。

そのような提案に対して、自分に仕事のやり方に誇りを持っている主人公は、反感を持っていきます。


といった前半のストーリーの流れは、非常に良かったです。

しかしながら、後半、主人公は、僕の目から見て、どんどんと“平凡”な男になっていきます。

前半、自分の仕事に誇りを持ち、誠実にこなしている主人公が輝いて見えますが、後半では、自ら、そんな自分に対して疑問を持ち始めます。


後半の流れは、一般マジョリティ向けの商業映画としては、そうとしか、もっていきようのない流れだとは思います。

しかし、もっともっと、とんがった感じの映画にしてほしかったなぁというのが、率直な感想です。


主人公には、仕事への誠実さ、そして誇りを、さらに追究していってほしかったなぁと思いました。


ただ、まだ、世間の酸いも甘いも知らない新人の女性の描き方は良かったですね。

若さゆえに、突っ走るその姿には、もう少し肩の力を抜いていこうや、と、ついついアドバイスしたくなり、温かく見守っていきたいと思わせる魅力を持っていました。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
映画『時をかける少女』についての考察(2)


仲里依紗さん主演の映画『時をかける少女』について、ずっと考えを巡らせています。

この映画は、本当に素晴らしい映画でした。

このような作品を世に送り出してくださった方々、深い感動を与えてくださった出演者の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。


この映画に限らないのですが、ユーザーレビューを読んでいて、よくあるのが、先読みがすぐできるとか、伏線の見せ方が甘くて、最後までストーリーが見通せる、などといったレビューです。

僕に限っては、映画を観ていて、そのようなことを感じたことは、全くと言っていいほどありません。

僕は、たぶん、先を見通すということができない“愚鈍”な人間なのでしょう(笑)

しかし、このことは、映画を楽しむという点では、とてもいい“才能”に恵まれているなぁと、我ながら能天気に考えています(笑)


映画『時をかける少女』においても、確かに、序盤において、伏線を張ってはありますが、まさか、終盤、あのようなストーリー展開になるとは、夢にも思っていませんでした。


本当に切ない終わり方ですね。

僕がもし、終わりの方の脚本を考えるとすると、違った形にしたいと思いますね。

しかしそれでは、ありきたりな感じになってしまい、やはり良くないのでしょうね(笑)


時をかける少女
監督:谷口正晃
出演:仲里依紗、中尾明慶、安田成美、青木崇高、石橋杏奈、千代將太、柄本時生、キタキマユ、田島ゆみか、松下優也、加藤康起、勝村政信、石丸幹二


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
ここのところ、映画『時をかける少女』のことばかり、ブログに書いていますね。

それほどにまでに、印象に残る映画でした。


「映画『時をかける少女』についての考察」というタイトルを掲げていますが、“考察”というほどの大げさなものではないですよ(笑)

僕は、他の映画においても、他の方の多くのレビューを読んでいますが、実は、自分の文章に、とてもコンプレックスを持っているのです。

他の方の文章は、本当に凄いなぁと思います。

まさに、評論家のような文章ですからね。

僕の文章はというと、あくまでも、思ったとおりのことを書いている、“感想”であって、“批評”のようなことを書く実力は、とうていありません。

まあ、実力がないのは仕方ないとしても、なんとか、“想い”だけでも、うまく伝えられたらなぁと思います。


ところで、『時をかける少女』のYahoo!映画のユーザーレビューは、すべて読みました。

ときおり、極めて評価の低いレビューがありますね。

そういったレビューを読んでいて、理解は非常にできるのです。

確かに、細かいことをいえば、粗はある作品だとは思います。

しかし、原作、そして、原田知世さん主演の映画への“愛”にあふれ、『時をかける少女』というブランドを受け継ぐというプレッシャーの中、本当にいい作品を世に送り出してくださったと思います。


ユーザーレビューを読んでいまして、映画において、仲里依紗さん、中尾明慶さんのお二人は、一緒に住んでいて、“おでこにチュッ”だけというのは、純情すぎるのではないか、という意見がありました。

1970年代を生きていた人間として、その当時の状況というのは、とてもよくわかります。

当時は、男女間において、深い関係に至るというのは、結婚してから、あるいは、お互いに結婚の意思を確認してから、という倫理観が、まだ残っている時代でしたね。

また、軟派、硬派というものがはっきりしていて、硬派な男性は、内心はどうあれ、強がりであっても、表向きは、「女には興味はない」ということを装うということが一般的であったように思います。

映画において、中尾明慶さんは、まさに硬派の代表的存在でしたね。しかし、さりげない優しさにあふれていて、いい意味での昔気質の男でした。


中尾明慶さんは、舞台挨拶のときに思いましたが、快活で爽やかな現代の青年でありました。しかし、映画の中においては、その雰囲気を見事に消して、“古き良き時代の男”を体現していましたね。


時をかける少女
監督:谷口正晃
出演:仲里依紗、中尾明慶、安田成美、青木崇高、石橋杏奈、千代將太、柄本時生、キタキマユ、田島ゆみか、松下優也、加藤康起、勝村政信、石丸幹二


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
仲里依紗さん主演の映画、『時をかける少女』の3度目の鑑賞をしました。


もう、完全に、この映画の世界に浸りきっています。

何度観ても、本当に素晴らしい作品です。

やはり、クライマックスのところでは、涙が流れました。


観るたびに、新たな発見をすることができます。


仲里依紗さんの魅力が、まさに、あふれんばかりです。


こんなにも素晴らしい映画、もっともっと多くの方に観ていただけたらなぁと思うのですが、思いのほか、上映映画館が少ないですね。

例えば、兵庫県内では2館、京都府内ではわずかに1館です。


時をかける少女』の関連ブログ記事

仲里依紗時をかける少女』 舞台挨拶に行ってきました」
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-551.html

仲里依紗 映画『時をかける少女』を鑑賞しました」
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-552.html

仲里依紗 映画『時をかける少女』を再び鑑賞しました」
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-554.html


時をかける少女
監督:谷口正晃
出演:仲里依紗、中尾明慶、安田成美、青木崇高、石橋杏奈、千代將太、柄本時生、キタキマユ、田島ゆみか、松下優也、加藤康起、勝村政信、石丸幹二


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
仲里依紗さん主演の映画、『時をかける少女』を再び鑑賞しました。

本当は、土曜日に観ようと思っていたのですが、『時をかける少女』を、もう一度、観たくて観たくて、土曜日を待ち切れずに、金曜のレイトショーにて観ました。

僕は、疲れやすい体質で、仕事が終わった後は、常にクタクタ状態ですので、平日仕事が終わってから映画を観るということは、全くといっていいほどないのですが、今回、『時をかける少女』を観たいという気持ちが、疲れに勝りました。


やはり、この作品は、何度観てもいいですね。

本当に、なんという切ない物語なのでしょう。

今回も、思いっきり泣いてしまい、大粒の涙がこぼれました。

非常に余韻が残る作品です。


仲里依紗さんは、本当に素晴らしい女優さんですね。

序盤、ガニ股姿で、大学合格を母に伝えてみたり、タイムリープ先では、1970年代の銭湯を思う存分楽しんだり、おまけに、今回のタイムリープの本来の目的である、深町一夫と会う場面では、コーヒー牛乳をビーカーで温めていたり…

そんな親しみやすいキャラクターを演じるかと思えば、クライマックスでは、心揺さぶる迫真の演技…


映画『時をかける少女』は、現在のところ、今年一番の作品であると思っています。


時をかける少女
監督:谷口正晃
出演:仲里依紗、中尾明慶、安田成美、青木崇高、石橋杏奈、千代將太、柄本時生、キタキマユ、田島ゆみか、松下優也、加藤康起、勝村政信、石丸幹二


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング





以降の記述にて、物語に関する核心部分を明かしています。どうぞご注意ください。







それにしても、なんと残酷で、切ない物語なのでしょう。

しかし、それを記憶にとどめているのは、私たち、鑑賞者のみなのです。


芳山あかり(仲里依紗)がバスを追いかけ、叫ぶ! 「涼太! 涼太!」

必死にバスを追いかける芳山あかり。

涼太が事故に遭って死んでしまうとわかっているのに、どうにもできない。


「過去を変えてはいけない」とケン・ソゴルに言われますが、最初観たとき、僕は、ここで、何らかの作用が起こって、ハッピーエンドになるものとばかり思っていました。

しかし、そうはなりませんでした。

そうなってほしいのに、そうはならないストーリー展開。

この想いがいつまでも心に残り、胸をぎゅっとつかまれたような気持ちになります。


最後、芳山あかりが、思い出のつまった8ミリフィルムを見て、涙を流しますが、なぜ涙が流れたのかまではわからない。

あの、いつまでも変わらない桜並木を、芳山あかりが歩いていくところで映画が終わります。

えーーっ!? 僕は、信じられませんでした。

こんな終わり方があってよいものなのか!?

胸が苦しくなる!


涼太が生き残って、あかりと幸せな日々を過ごす。そうなるものと思っていた… なってほしかった… しかし……
2010.03.18.21:19
仲里依紗さんのDVD「Riisa films」を見ました。その1回目です。

このDVDは、オムニバス・ショート・ムービーと、里依紗さんが江ノ電の乗って、江の島を観光する様子が、映像に収められています。

特にいいのが、里依紗さんの素顔を見ることができる江の島観光の映像です。

それでは、鎌倉駅にて、里依紗さんが切符を買うところからです。


切符売り場にて、
里依紗「すいません、江の島まで、大人1枚ください」


このDVDでは、質問がクリップにて表示されます。

鎌倉、来た事ある?
里依紗「初めてです」

どんなイメージ?
里依紗「なんだろうなぁ、なんか、なつかしい感じ? それとか、なんか、こう、おいしいものがあるよー、みたいな感じ(笑)」


電車に乗ります。

東京来て何年?
里依紗「4年です。だいぶ慣れました」

お気に入りスポットは?
里依紗「んー、お気に入りのスポット… どこだろう… ふつうに、渋谷? 買い物に行くっていったら、渋谷かなーっていう感じで。東京じゃないんですけど、ディズニーランドが大好きです」

高校生活はどうだった?
里依紗「んー、やっぱり、お仕事してたので、地元の友だちと同じような高校生活は送れなかった感じですね。なんか、高校生… 記憶がないですよね、あまり。高校生だったっけー?って感じです。そのままなんかもう、ポーンって19になった感じがします」

地元の方が良かったかな?
里依紗「うーん、でもー、なんだろう、東京の学生ってのを、こう、味わえたんで、なんか、都会の高校生っぽいことできたなーっていう感じで、そこは、よかったです」

生まれ変わったとしたら?
里依紗「うーん、そうですねー。高校生活でやり残したことをやりたいって感じですね。生まれ変わったら、でもやっぱ女がいいです」


仲里依紗さんの話し方は、本当におっとりとした雰囲気で、聴いていて、引き込まれ、とても心地よい気持ちになりました。


また、機会があれば、続きを書いていこうと思います。


それにしましても、前回の記事においても書きましたが、仲里依紗さん主演の映画『時をかける少女』は、本当に良かったです。

今週末に、再び観に行こうと思っています。


時をかける少女
監督:谷口正晃
出演:仲里依紗、中尾明慶、安田成美、青木崇高、石橋杏奈、千代將太、柄本時生、キタキマユ、田島ゆみか、松下優也、加藤康起、勝村政信、石丸幹二


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
それでは、前回のブログ記事の続きです。

前回記事「 仲里依紗時をかける少女』 舞台挨拶に行ってきました」
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-551.html

3月14日(日)に、大阪・梅田ピカデリーにて行われました上映前舞台挨拶に行っていました。


さて、映画の感想ですが、本当に、もの凄く良かったです。

もう、ボロボロになるくらいに泣いてしまいました。終盤のあたりは、嗚咽をこらえるのに苦労しました。

映画館からの帰り、泣きはらした顔で外を歩くのは、恥ずかしかったですね。


これほどまでに涙が流れた映画を観たのは、久しぶりのことです。


また、余韻も素晴らしく、映画が終わって帰り道、ずっと、映画のことを考えていました。

余韻はいつまでも消えませんでした。

翌日になっても、まだ、余韻は残っていて、月曜日、仕事中も、ついつい映画のことを考えてしまうほどでした。


この映画はもちろんのこと、『純喫茶磯辺』、『ちーちゃんは悠久の向こう』、『ガチ☆ボーイ』や『パンドラの匣』など、仲里依紗さんは、どの映画においても存在感にあふれ、本当にスクリーン映えをする女優さんだなぁと思います。

天性の演技力というのか、映画において、里依紗さんには、すーっと自然に感情移入をすることができ、どの役柄の里依紗さんも、好きにならずにはいられない感情にとらわれます。


本作品は、細かいことを言えば、あらはある作品だと思います。

過去にタイムリープして、中尾明慶さんと出会ってから、恋心が生まれてくるところを、もっと丁寧に描写すれば良かったとか、いきものがかりの主題歌が、歌詞は良いとしても、メロディーに今ひとつインパクトがないとか、細かいことを言えばきりはありません。

しかし、そういったことを補って余りある魅力が、この作品にはあると思います。


原田知世さん主演の『時をかける少女』は、ずーっと心に残る本当の名作ですが、仲里依紗さん主演の本作品も、負けず劣らず、素晴らしい作品だと思います。


それにしましても、仲里依紗さんがタイムリープした、1974年(昭和49年)ですが、あの時代をとても懐かしむことができました。

もう一度あの時代に戻れたらなぁというノスタルジーに浸ることもできました。

インターネットも携帯電話もない時代でした。それだけに、今よりももっと、情報というものを大切に扱っていたように思います。

本や雑誌や新聞で、必死になって情報集めをしていたからこそ、得た情報は、本当に貴重でした。


この映画は、今後、絶対にもう一度、いや、二度ぐらいは映画館にて観てみたいと思っています。


時をかける少女
監督:谷口正晃
出演:仲里依紗、中尾明慶、安田成美、青木崇高、石橋杏奈、千代將太、柄本時生、キタキマユ、田島ゆみか、松下優也、加藤康起、勝村政信、石丸幹二


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
仲里依紗さん主演の映画『時をかける少女』の舞台挨拶に行ってきました。

場所は、大阪・梅田ピカデリーです。


それにしましても、関西にて舞台挨拶をしてくださるのは、本当に嬉しいですね。

舞台挨拶のために東京に行くとすれば、往復2万5千円ぐらいの交通費がかかってしまい、そうやすやすとは行けるものではありません。


仲里依紗さんは、3月13日(土)に新宿ピカデリーにおける初日舞台挨拶があり、3月14日(日)は、京都、大阪、名古屋での舞台挨拶。3月20日(土)には、仲里依紗さんの出身地である長崎県、佐世保・長崎、そして福岡での舞台挨拶が予定されています。

仲里依紗さんの出身地は、 長崎県東彼杵郡東彼杵町とのことですが、地図を見てみますと、長崎と佐世保の中間のやや北のあたり、ハウステンボスと長崎空港のほぼ中間地点ですね。



午後3時からの上映前舞台挨拶。

ドキドキして仲里依紗さんの登壇を待っていました。


司会者の方が、「それでは、仲里依紗さん、中尾明慶さんです!」と言いました。

満場の拍手の中、登場したのは、知らない男女二人。

唖然とする会場。


「女と男」という漫才コンビのお二人でした。

そして、撮影はしないでください、といった注意説明をしました。

お二人は、面白くて、会場の笑いを誘いました。


改めて、仲里依紗さん、中尾明慶さん、そして、谷口正晃監督の紹介がなされました。

仲里依紗さん、中尾明慶さん、谷口正晃監督の順にて登場しました。


仲里依紗さんは、初め、左の方に位置しようとしていました。

そこを、中尾明慶さんが主演の仲里依紗さんに真ん中の場所を譲りました。


仲里依紗さん。

もの凄く美しかったです。輝いていました。

ボーっとしてしまいました。


以下、仲里依紗さんにずぅ~っと見とれていましたので、うろ覚えです。


仲里依紗さん、中尾明慶さんは、お互いが人見知りで、一週間ぐらいは会話もなかったとのことです。

しかし、今では仲が良くて、中尾明慶さんいわく、さっき一緒にたこ焼きを食べていました、とのことでした。


仲里依紗さんは、ラストシーンが、実は最初の撮影で、中尾明慶さんと仲良くなる前だったので、凄く気まずかったと言っていました(笑)


中尾明慶さんは、この映画の中においての仲里依紗さんとの出会いを強調していましたが、そこのところ、里依紗さんは不満顔。

この映画においてのみの出会いでいいんですか、と言いたげでした。


中尾明慶さんは、「女と男」のお二人が、楽屋にて、“人”という字を、手に書いてのんでいたと暴露して、「イマドキいますか、そんな人(笑)」と言っていました。

中尾明慶さんは、まさに爽やかな好青年。ナイスガイといった雰囲気ぴったりでした。


仲里依紗さんの話し方は、とても魅力的でした。

人々を魅了する存在感いっぱいの里依紗さん。

仲里依紗さんには、妹がいらっしゃるとのことですが、ほんの少し舌足らずの話し方が、里依紗さん自身、妹のような雰囲気を醸し出していましたね。


映画は、本当に素晴らしかったです。

もの凄く良かったです。


映画の感想は、また次のブログ記事にて書いていきたいと思います。


時をかける少女
監督:谷口正晃
出演:仲里依紗、中尾明慶、安田成美、青木崇高、石橋杏奈、千代將太、柄本時生、キタキマユ、田島ゆみか、松下優也、加藤康起、勝村政信、石丸幹二



僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
先日、映画『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』を鑑賞しました。


僕は、普段、テレビはあまり見ない方ですので、「ライアーゲーム」につきましても、テレビ放送は見ていませんでした。

最近になって、フジテレビ・オンデマンドにて、シーズン1、シーズン2を見ました。


テレビドラマは面白かったです。

この先はどうなるのか、と手に汗を握る展開でした。

特にシーズン1が良かったです。


さて、映画『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』です。

特に悪くはありませんでしたが、シーズン2でも見られた、これは無茶ではないのか、という荒業のゲーム運びが多かったように思います。

頭脳戦というよりは、何をやってもよいという強引な展開が多かったです。

話の出来としては、映画よりは、シーズン1の方が上ではないかと感じました。


また、話の途中で、Xという人物は誰かということが、クローズアップされていきますが、普通に考えて、役者さんの格からいっても、ほとんど最初からわかってしまっていました。

それから、ザ・ファイナルステージでは、ライアーゲームの目的は何か、そして、主催者の黒幕は誰か、ということが、重要なテーマ設定となっていたはずですが、このことについては、本当に肩すかしでした。


ただ、エンドロールが終わってから紹介されるエピソードは、非常に良かったです。


『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』
監督:松山博昭
出演:戸田恵梨香、松田翔太、田辺誠一、鈴木浩介、荒川良々、濱田マリ、和田聰宏、関めぐみ、秋本祐希、永山絢斗、鈴木一真、松村雄基、吉瀬美智子、渡辺いっけい


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
志田未来さん主演のドラマ、『小公女セイラ』のDVD-BOXを購入しました。


その中に入っている、初回限定封入特典の「ミレニウス女学院卒業文集」についてです。

この文集では、志田未来さんを始め、ミレニウス女学院の生徒役の皆さん、そして、林遣都さん、黒川智花さん、溝口まりもさんの文章が掲載されています。


未来さんの書く字は、とてもきれいで、丁寧です。

内容は、お茶目なところあり、本音ありで、読んでいて、思わず微笑んでしまうような文章でした。


今後、ドラマを改めて見て、特典映像も見ていきます。


感想は、また、ブログにて書いていきたいと思います。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2010.03.10.23:32
2月に劇場にて鑑賞した映画に、一応の評価をつけました。あくまでも、僕の感覚に合ったかどうかという観点です。


「5」 (該当なし)

「4」 『食堂かたつむり』、『涼宮ハルヒの消失』

「3」 『インビクタス/負けざる者たち』、『(500)日のサマー』、『恋するベーカリー』、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』、『パレード』

「2」 『手のひらの幸せ』

「1」 (該当なし)


『インビクタス/負けざる者たち』は、「4」にするかどうか迷いましたが、人物像の掘り下げ方が浅く、“マンデラ大統領・偉人伝”のような映画になっている感じがしましたので、「3」にしました。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
昨日、映画『ハート・ロッカー』を鑑賞しました。


『ハート・ロッカー』は、『アバター』と並んで、アカデミー賞作品賞の最有力候補といわれていました。

ですので、作品賞を受賞した場合、その後は、映画館は非常に混雑するだろうと思いまして、あらかじめ、日曜日に観ておきました。


感想ですが、エンターテインメント性、そして、ストーリーはほとんどなくて、観ていて“面白い”というような作品ではありませんでした。

ある人物が、戦争の“麻薬性”に侵されていくさまを、政治的なメッセージなどは省き、現実感あふれる映像で綴った作品であると思いました。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
映画『誰も守ってくれない』での演技にて、新人俳優賞を受賞した、志田未来さん出演の「第33回日本アカデミー賞授賞式」のテレビ放送を見ました。


志田未来さんの挨拶は、良かったですね。

自然で静かな微笑みをたたえながら、初々しくも、堂々とした挨拶でした。


未来さんの挨拶です。

志田未来です。

このような素晴らしい賞をいただけて、すごく嬉しく思います。

一つの作品を経るごとに、お芝居の難しさや深さを実感しています。

これからも、初心を忘れずに、がんばっていきたいと思います。

今日は、ありがとうございます」



志田未来さんの挨拶は、非常に良かったです。しかし、この番組における未来さんの扱いが、あまりにもひどくて、腹が立っていました。

未来さんへのいろいろな質問は、会場では行われていたのだとは思いますが、放送では、すべてがカットされ、全く、1秒たりとも流れませんでした。

また、最初に登場するときに、新人俳優賞受賞の他の皆さんはアップになっていましたが、未来さんだけ、アップになることはありませんでした。

ほとんど形だけの出演といった感じであり、その理由はわかりませんが、非常に腹立たしく、そして、悲しい気持ちになりました。



ところで、最優秀アニメーション作品賞に、傑作アニメ『サマーウォーズ』が選ばれ、非常に嬉しく思いました。


こちらのブログ記事にて書いたとおり、優秀作品賞の選考には疑問が残りました。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-520.html

特に、『ゼロの焦点』が選ばれていることについては、全く理解ができません。この作品は、どちらかというと、駄作の部類に入ると個人的には思っています。


最優秀作品賞に、『沈まぬ太陽』が選ばれました。

優秀作品賞5作の中では、最も見応えのあった作品だと感じていましたので、順当な選考かなと思いました。


最優秀主演男優賞には、渡辺謙さん。

この賞の発表のときは、どきどきしましたね。

やはり本職の俳優さんに受賞してもらいたいですから。

笑福亭鶴瓶さんに、別にうらみはありませんが、もし鶴瓶さんが選ばれていたら、日本アカデミー賞の権威は大いに失墜していたでしょうね。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
第33回 日本アカデミー賞授賞式の放送がもうすぐ始まります。

21:00~ 日本テレビ系


第33回 日本アカデミー賞にて、新人俳優賞を受賞している志田未来さんは、授賞式への出演があり、楽しみです。

誰も守ってくれない』は、優秀作品賞には選ばれておらず、このことは、非常に残念に思います。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
この前の日曜日ですが、映画『涼宮ハルヒの消失』を鑑賞しました。


『涼宮ハルヒの消失』の上映館は、関西においては、わずか4館。

梅田ブルク7、なんばパークスシネマ、京都シネマ、神戸国際松竹。

4館の中で、インターネット予約ができるのは、なんばパークスシネマと神戸国際松竹の2館です。

なんばパ−クスシネマは、早々と全席売り切れでした。神戸国際松竹の12:20の回の座席を、前日にネット予約しました。


しかし… あろうことか… 寝坊をしてしまいました(笑) 起きたとき、どう考えても間に合わない時間でした(笑)

あわてて、パソコンを立ち上げ、神戸国際松竹のサイトを見てみましたら、15:30の回がわずか2席空いていました。

急いでネット予約をしました。5分か10分起きるのが遅ければ、全席満席となっていたところで、あぶなかったです。しかし、1,800円を無駄にしてしまったダメージは大きいです(笑)


僕は、もともとは、アニメの世界には疎く、テレビアニメの『涼宮ハルヒの憂鬱』は、名前は知っていましたが、見たことはありませんでした。

しかし、知り合いが、映画『涼宮ハルヒの消失』が凄く良かったと言うのを聞いて、それなら行ってみようと思いました。


何事も予習が大事ということで、宅配レンタルにて、第1期放送のテレビアニメのDVDを借りて、順次見ていきました。

テレビアニメは、予想をはるかに超えて、面白かったです。


知り合いとも話していましたが、「涼宮ハルヒ」シリーズの良いところは、登場人物が、いわゆる若者言葉をほとんど使わず、全体的に品が良いところにあると思います。

また、登場人物にすれたところがなく、涼宮ハルヒは、明るく前向きなキャラクターであり、可愛げのあるわがままを言うとても好感を持てる人物設定です。

原作者の谷川流さんが、1970年生まれであり、僕の方がやや年長ではありますが、ほぼ同年代といってもよい方ですので、そういった意味でも、ある種懐かしさを感じる学園アニメであると感じました。

良い意味で、“今風”さがなく、ある程度以上の年齢の者でも、安心して見ることができるアニメであると思いました。


それから、モデル地が兵庫県西宮市の山の手であり、関西在住の者にとっては親近感を感じて、とても嬉しいですね。


映画『涼宮ハルヒの消失』は、後半の方で、一部、流れが理解できないところはありましたが、全体的にとても面白く、良かったです。

高級住宅地である西宮市の山の手の、美しい街並みを堪能することもできました。

夜景も綺麗でしたし、六甲アイランドの遠景も美しかったです。


第2期のテレビアニメも、順次見ていきたいと思います。


『涼宮ハルヒの消失』
キャスト:平野綾、杉田智和、茅原実里、後藤邑子、小野大輔、桑谷夏子、松岡由貴、白石稔、松元恵、あおきさやか


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2010.03.03.22:30
志田未来さん主演のドラマ『卒うた』第1夜を見ました。

『卒うた』第1夜は、Kiroroの「Best Friend」をテーマにしたドラマです。

フジテレビ『卒うた』
http://wwwz.fujitv.co.jp/sotsuuta/index.html


それにしましても、いつもながらに、志田未来さんの演技は、本当に良かったです。

配信ドラマ・ミュードラの『春のまぼろし』においては、犬の役でしたが、『卒うた』においては、等身大の女子高生の役柄でした。


未来さんに、すっぽりと感情移入することができました。

乙女心にあふれる今回の役柄は、非常に良かったです。


ミュードラ『春のまぼろし』
http://mu-dra.com/haru/index.html


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
2010.03.01.20:45
さあ、志田未来さん主演のドラマ『卒うた』の第1夜の放送が、いよいよ迫ってきました。

23:00~ フジテレビ系

楽しみです。


『卒うた』の第1夜は、Kiroroの「Best Friend」をテーマとし、忽那汐里さんも出演します。


4夜連続ドラマ『卒うた』

第1夜 3月1日(月) 主演:志田未来 テーマ:Kiroro「Best Friend」

第2夜 3月2日(火) 主演:国仲涼子 テーマ:EXILE「道」

第3夜 3月3日(水) 主演:北乃きい テーマ:スキマスイッチ「奏」

第4夜 3月4日(木) 主演:長澤まさみ テーマ:松任谷由実「卒業写真」


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html

FC2ブログランキング
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。