FC2ブログ
--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ記事が遅くなってしまいましたが、映画『阪急電車 片道15分の奇跡』を関西先行ロードショーの初日、4月23日(土)に鑑賞しました。


それにしましても、大変な盛況で、阪急今津線のお膝元、西宮北口のTOHOシネマズ西宮OSでは、全回ほとんど満員のようでした。

僕は、混雑を避けて、お膝元の西宮では観ませんでしたが、他の映画館でも、ほぼ満席状態でしたね。


阪急電鉄今津線。

正確には、小説や映画の舞台は、宝塚~今津間の今津線のうちの、宝塚~西宮北口駅間のところです。


やはり、今津線は、全国的には知名度はほとんど無いということからか、単なる一ローカル線における物語のように宣伝はされていますが、関西に住んでいましたら、今津線が単なるローカル線と言われることには違和感を覚えますね。

この一帯は、阪神間モダニズムの文化薫る地域であり、宝塚歌劇の宝塚駅、歴史ある宝塚ホテルの宝塚南口駅、甲山のふもとの非常に美しいキャンパスのある有名私大・関西学院大学の甲東園駅などなど。

そして、気品ある雰囲気の高級住宅地の沿線でもあり、華やかで“ハイソ”な空気感漂う路線というイメージがあります。


さて、映画についてですが、僕は原作の小説も読んでいました。一部割愛されている部分はありますが、ほぼ原作に忠実な映画化であり、小説の良さを壊すことなく、むしろ高めているように感じました。

例えば、序盤に、中谷美紀さんが、感極まって、電車の中で涙を流すシーンがあるのですが、非常に素晴らしい演技で、自然に映画の中の世界へと引き込まれていきました。

また、玉山鉄二さんは、近寄り難いほどにハンサムで、容姿の整った方ですが、この映画においては、親しみやすく、気のいいお兄さんを演じていて、この人物像が非常に良かったです。

そのほかのエピソードもとてもいい感じでした。


一度だけではもの足らず、もう一度観に行きたいと思っています。


映画『阪急電車 片道15分の奇跡』
監督:三宅喜重
出演:中谷美紀、戸田恵梨香、宮本信子、南果歩、谷村美月、有村架純、芦田愛菜、小柳友、勝地涼、玉山鉄二


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html
スポンサーサイト
2011.04.26.22:17
俳優の田中実さんが自殺されました。


田中実さんは、ほぼ同年代の方ですし、ショックですね。


田中実さんの出演されたドラマを特に見ていたというわけではありませんが、印象に残っているのが、映画『受験のシンデレラ』における医師の役ですね。


ご冥福をお祈りいたします。


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html
映画『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』を鑑賞しました。


凄く良かったです。


この映画のポスターやチラシに使われている二階堂ふみさんの表情が抜群に良く、二階堂ふみさんの演技に期待していました。


『ガマの油』で映画デビューを果たした二階堂ふみさん。

この映画において、将棋の世界を志し、進学校に在籍しているのですが、大学には行かないと心に決めている女子高生を演じています。

しかし、周囲は誰も理解してくれない。


二階堂ふみさんが、思春期特有の心の不安定さ、どこへもぶつけようのない思いを本当に見事に演じていて、ダイレクトにこちらの心の奥底にまで、その思いが伝わってきて、感動しました。


二階堂ふみさんの存在感は凄いですね。今後、本当に楽しみな女優さんです。


監督:入江悠
出演:二階堂ふみ、森下くるみ、宇治清高、三浦由衣、坂本達哉、劔樹人、野間口徹、中村育二、堀部圭亮、の子、mono、ちばぎん、みさこ


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html
昨日、寝る前に、最後のニュースチェックをしておこうかと、何気なくニュースサイトを見てみましたら、「田中好子さん死去」の文字が……

僕は、えっ!! と絶句してしまいました。


キャンディーズの歌が流行っていたころは、僕はまだ小さく、歌詞の意味するところもよくわかっていませんでしたが、それでもよく歌を口ずさんだりしていましたね。

「年下の男の子」や「春一番」、事実上のラストシングルの「微笑がえし」などなど。

大輪の花のような明るい笑顔の田中好子さんを見ていて、あんなお姉さんがいたらなぁと子供心に思っていました。


大のキャンディーズファンである自民党の石破茂政調会長の言葉が胸に染みます。

「私たちの世代のあこがれだったし、青春そのもの。大事な友達をなくしたような思いだ」「ありがとう、忘れないよ」


多くの人に夢と希望を与え続けたスーちゃん。安らかに……


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html
2011.04.20.21:33
先日、映画『ガクドリ』を観ました。


この映画は、ドリフトに興味がある人だけ見てくれればいい、という非常にニッチな観客層を狙った映画だということは、始めからわかっていました。

ドリフトには特に興味のない僕ですが、邦画については、原則として、“何でも見てやろう”の精神を持っていますので、観に行くことにしました。


ですので、あらかじめ、満足度のハードルは相当低くしていましたが、率直に言って、この映画の出来は、その予想をさらに下を行くものであったと言わざるを得ないです。

ストーリーなんか付け足でいい、という姿勢は仕方がないと思いますが、ほとんど意味のないようなストーリーのせいで、本来の観客層がもっと見たいであろうドリフトのシーンもかなり少なくなっていました。


それだったら、純粋なドキュメンタリー映画にした方が良かったのではないかなと思いました。


『ガクドリ』
監督:江良圭
出演:木ノ本嶺浩、加藤和樹、三浦葵、佐々木喜英、菊田大輔、林浩太郎、杉澤純、春日由輝、鈴之助、おおつか麗衣、小久保ナナ、吉川まりあ、大沢逸美、織戸学、谷口信輝、今村隆弘、日比野哲也、杉本有美、村野武範、嶋大輔、高知東生


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html
2011.04.18.23:56
先日、映画『管制塔』を再び鑑賞しました。


やはりこの作品は、何度観てもいいですね。


特に、橋本愛さんは、この作品において、もう、神がかり的と言ってもいいくらいの美しさと魅力を発揮しています。


“女性を美しく撮る”ことにかけては、かねてから定評のある三木孝浩監督ですが、この作品においても、見事に結実しています。


橋本愛さん主演の映画、 山田悠介さん原作の『アバター』がもうすぐ公開になりますので、非常に楽しみです。

それから、ロケ地の稚内へのあこがれの気持ちが、どんどんと増してきています。


『管制塔』
監督:三木孝浩
出演:山崎賢人、橋本愛、松田美由紀、利重剛、岡安章介、土谷隼人、下池輝明、遠山大輔、家城啓之


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html
2011.04.10.22:54
映画『管制塔』を鑑賞しました。


良かったです。非常に素晴らしい作品でした。


三木孝浩監督は、YUIさん、ORANGE RANGE、いきものがかり、UVERworld、FUNKY MONKEY BABYSほか、PVにおいて、その映像世界は、際立って素晴らしいと感じていました。

映画『ソラニン』も非常に良かったですし、ショートムービーの『It's so quiet.』もとても印象に残っている作品です。


そして、橋本愛さんの透明感溢れる雰囲気が、この映画にぴったりでした。

事情があり、転校を繰り返す家庭状況にありながら、主人公の山崎賢人さんにだけは、心を開いていく様子や、父親への想いを表現している場面では、胸が締め付けられるような気持ちになりました。


いい作品に出会うと、ロケ地を訪れたくなりますね。

稚内には、これまで行ったことがありませんが、機会があれば、是非訪れてみたいです。

“管制塔”のような外観の開基百年記念塔は、本当に映画の中においても良かったですし、高台から見える稚内の港も素敵でした。


T・ジョイ稚内、新宿バルト9、梅田ブルク7。

全国で3館のみでの公開ですが、出来れば、もう一度観てみたいと思っています。


橋本愛さん出演の、今後の作品も楽しみですし、三木孝浩監督の次回作『僕等がいた』もとても期待しています。


『管制塔』
監督:三木孝浩
出演:山崎賢人、橋本愛、松田美由紀、利重剛、岡安章介、土谷隼人、下池輝明、遠山大輔、家城啓之


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html
2011.04.05.20:52
先日、映画『津軽百年食堂』を観ました。


テンポも良く、悪くはなかったです。なかなかいい映画だと思いました。


ただ、津軽言葉を話す場面では、方言をあまりにもダイレクトに表現し過ぎていて、残念ながら、何を話しているのかが非常にわかりにくかったです。

もう少し方言をライトに表現するか、あるいは、字幕をつけた方が親切だなとは思いました。


僕は、地方を舞台にした映画であっても、必ずしも、無理やり、方言を登場させることはないとの考えを持っています。

映画的な擬制を働かせて、言葉は標準語でも、観る側がそれぞれ、心の中で想像をすればいいと思っているからです。

方言により、その地方の独特の趣きを出すことが出来ても、内容がわからなければ、意味がありません。


これは、僕が住んでいる関西地方を舞台にした場合でも同様で、無理に登場させた関西言葉は、現在では話されていないような極端な表現などが現れがちであり、観る側の興趣がそがれる場合も多いです。


『津軽百年食堂』
監督:大森一樹
出演:藤森慎吾、中田敦彦、福田沙紀、ちすん、藤吉久美子、早織、前田倫良、永岡佑、秋本博子、春日井静奈、大杉漣、かとうかず子、野村宏伸、手塚理美、伊武雅刀


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html
2011.04.04.23:00
先日、映画『婚前特急』を観ました。


話の流れなどは、普通ぐらいの感じでした。

しかし、吉高由里子さん演じる主人公のキャラクターが、わがままを言いながらも、それが強がりであり、純粋で一生懸命で、憎めない雰囲気を醸し出していて良かったです。

このキャラクター設定は、少し、“涼宮ハルヒ”にも通じるところがあり、爽快感さえ感じることが出来ました。


『婚前特急』
監督:前田弘二
出演:吉高由里子、加瀬亮、浜野謙太、杏、青木崇高、吉村卓也、榎木孝明


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html
2011.04.03.23:58
映画『ほしのふるまち』を観ました。


うーん……

率直に言って、この映画、全く面白くなかったです。


淡々と、ただ淡々とした描写が続きます。

淡々さにも程があるのではないかと思いました。

何の起伏もなく、ただ平坦な場面がずーっと続いていきます。


ただ、山下リオさんはいつもながらに非常に良かったです。

透明感のある演技と存在感が、この映画でも印象に残りました。

山下リオさんのこれまでの出演映画作品 『魔法遣いに大切なこと』、『MW-ムウ-』、『RISE UP』、『武士道シックスティーン』、『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』、『ねこタクシー』はすべて観ていますが、どの作品においても非常にいいですね。


『ほしのふるまち』
監督:川野浩司
出演:中村蒼、山下リオ、児玉絹世、KG、柴田理恵、羽田美智子、トミーズ雅、笑福亭松之助、手塚理美


僕自身の自己紹介は、こちらです。
http://fractal2.blog116.fc2.com/blog-entry-68.html
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。