--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.01.23:04

NMB48 3期生公演「会いたかった」に行ってきました。

初日の次の日、4月30日(月・祝)の公演に当選しましたので、行ってきました。


3期生は、“3期生枠”の個別握手会にも参加したのですが、まだ全員の顔と名前は一致しない状態での公演の観覧です。

まして、“キャラ”についてはほとんどわかりません。

ですので、特に誰を重点的に見るという気持ちはあまりなく、ニュートラルな感情での観覧でした。


しかし、公演が進むうちに感じてきたのは、薮下柊さんのアイドル性です。

アイドル的な輝きについては、抜きん出ているものがあると感じられました。


何曲か、センターを務める曲もありましたが、しだいに、薮下柊さんに目が釘付けになっていく自分を感じることができました。

新しいチームができる際には、エース候補として絞られるのではないかと思いました。

2期研究生の山本ひとみさんが、チームMに繰り上がり昇格せず、温存された場合には、次のチームでエース候補として争うことになるでしょうね。



公演を観て思ったのが、観客層が、チームN、2期生公演とはずいぶんと違うということ(笑)

まず、男性率が高い(笑)

N、2期生公演は、中高生ぐらいの若い女性の観客も結構多いですが、3期生公演では本当に数えるぐらいしかいませんでした。

男性の観客も、比較的年齢層は高く、“コア”というのか、“プロっぽい”アイドルファンというのか、そういう雰囲気の人が多かったように思いました(笑)

スポンサーサイト
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。